ホームページのリニューアルをどんなホームページ制作会社に依頼すべきか

ホームページで思ったような成果が出ないとすぐに「ホームページをリニューアルしよう!」と言い出す方は少なくありません。

この「リニューアル」、いったいどのようなホームページ制作会社に依頼するのが良いのでしょうか。



絶対に付き合うべきでないホームページ制作会社

ホームページ リニューアル 制作会社」などのキーワードで検索して出てきた制作会社にリニューアルの件で相談する方もいらっしゃるかと思います。

ホームページのリニューアルについての問い合わせに対し、ほぼ全てのホームページ制作会社がこう答えることでしょう。

「貴社の今のホームページは今すぐリニューアルすべきです!」と。

なぜそう答えるかといいますと、ホームページ制作会社はリニューアルを行うことで「お金になるから」です。

ここまでは仕方ないです。しかしこの後に、現在のホームページに対するダメ出しをするようなWeb制作会社には要注意です。

一般企業の中でもよくあることですが、新たに着任した時に「前任者の仕事の否定から入る」という人が結構な数存在します。

なぜ彼らが前任者の仕事を否定するかというと、「自分の仕事に自信が無いから」です。他者の仕事を否定することでしか、自分の仕事のクオリティを表せないのです。

ですから、ホームページ制作会社にホームページリニューアルの相談をしたときに、現在のホームページを否定してばかりの制作会社は、おそらく満足なスキルを持っていません。

さらに、(他の制作会社が作ったものとはいえ)依頼主の“持ち物”を否定するとは、想像力が欠如していると言わざるをえません。

きっとこういうWeb制作会社は、クライアントの悩みに寄り添うこともできず、自分たちの考えを一方的に通そうとするでしょう。そういった制作会社とは絶対に付き合うべきではありません。

リニューアルは「見た目」だけではない

「ホームページのリニューアル」というと、見た目(デザイン)ばかり重視する方もいらっしゃいます。ホームページを持っている側の会社ならともかく、ホームページ制作会社が「見た目だけを重視」するところだったりした場合は、これも付き合いを避けたほうが無難です。

格好いいだけのホームページは、一定以上のスキルを持ったホームページ制作会社でしたら、どこにでもできます。

しかし、「格好いいだけのホームページ」は果たして成果を上げられるでしょうか。

ホームページを作るときには何より「ユーザー目線」が大切です。

「お客様がどのようにホームページを利用するか」「お客様にとってより分かりやすいものであるかどうか」を考え、「お客様にとって役に立つもの」となるよう作られるべきだと考えています。

見た目だけを重視するような制作会社は、おそらくこういった視点を持っておらず「なんとなく格好いいホームページを納品して終了」となるのでしょう。

「ホームページのリニューアル」には、見た目(デザイン)の変化だけでなく、リニューアル後の運用やソーシャル展開の改善も含まれています。

ホームページは作って終わり、ではなく作ったあとの運用が大切です。そのあたりも踏まえて、いやむしろそのあたりを重視して対応してくれるホームページ制作会社と付き合うべきであると考えます。

まずは現在のホームページの問題点を把握すべき

ホームページのリニューアルにあたり、最も重要なのが「現状の問題点の把握」です。これがなければリニューアルなど実施できません。

リニューアルをするときは、現在のホームページの問題点の把握から入ってくれるようなホームページ制作会社に依頼することをお勧めします。

仮に現状の問題点の把握に時間がかかり、リニューアルの時期が遅くなっても、問題点をクリアにしたホームページが新たにできるわけですから、その遅れなど十分に取り返せます。

ホームページのリニューアルは費用も手間もかかります。

リニューアルにより、より良い方向に持っていくことが一番重要ですから、ホームページ制作会社選びは慎重に行うことをお勧めします。




シェアする

フォローする

ホームページ 企画・立案/制作/運営相談 エイビス
© 2017 a-bis, All Rights Reserved.