ホームページを制作会社に丸投げすべきではないたった1つの理由

ホームページを新たに制作する場合、

  • 自分で制作する
  • ホームページ制作会社に依頼する

の二者択一となります。

自分でホームページを制作できない場合はホームページ制作会社に依頼することになりますが、このときに「ホームページのことはよく分からないので全て制作会社に任せよう」と考える社長さん、ご担当者さんがいますが、これは間違いです。

ホームページの制作を全てホームページ制作会社に任せる(=丸投げ)のは危険です。

ここでは、何故ホームページの制作を制作会社に丸投げすべきではないかについてご説明したいと思います。



理由:ホームページ制作会社はあなたの会社のビジネスについてよく知らないから

「ホームページ制作会社」はホームページを作るプロフェッショナルです。
ホームページの制作に加え、ウェブを使ったプロモーションや集客に詳しいホームページ制作会社もありますが、それも「ホームページ制作」の延長線上にあるものです。

しかし、「あなたの会社のビジネス」についてのプロフェッショナルではありません。

商売のことをよく知っているのはあなたです

実店舗を開くときに、内装や什器、商品のセレクトと陳列などを内装業者に丸投げする人はいないと思います。
内装のことはよく分からなくても、売上を最大化するために壁の色や什器の選択と配置、そして商品の陳列に知恵を振り絞りながら自ら取り組むはずです。

これが、不思議なことに「ホームページ」になると何故か「分からないから任せるよ」という人が出てくるんです。

あなたの会社の商売を一番知っているのは、ホームページ制作会社ではなく、実際に商売をやっている方々です。
商品をどのように紹介すれば魅力が最大限に伝わるか、ホームページ制作会社には分かりません。

ですから、ホームページを制作する際は、あなたの会社の商売や取り扱っている商品についてホームページ制作会社によく教えてあげてください。もし、その話を一生懸命聞いてくれるようなら、その制作会社は良いホームページ制作会社です。なぜなら、ホームページを作るにあたっては事業規模やビジネスの背景、商品情報など、詳しく知っていたほうが良いものができるからです。

逆に、もし制作会社がそういった話に興味を持たなければ、そのホームページ制作会社とは付き合いをやめるべきです。このような制作会社は、間違いなく自分たちのやりやすい方法ばかりを要求してきます。実際にホームページの制作に取りかかってからのキャンセルは難しいと思いますので、制作会社とは、事前によくコミュニケーションを取ることをオススメします。

まとめ

ホームページを制作する際の主導権は、制作会社ではなくあなたが握ってください。

それが「良いホームページ」を制作するための第一歩です。

 



シェアする

フォローする

ホームページ 企画・立案/制作/運営相談 エイビス
© 2017 a-bis, All Rights Reserved.