【過去の仕事紹介】WordPress(ワードプレス)過去記事移行※やや特殊なケース

【クライアント様】某ニュースメディア様

【ご依頼内容】サイトリニューアルに伴うWordpress(ワードプレス)の過去記事移行(稼働中のサイトへの移行)

【作業日数】1ヶ月(各種調査含む)

サイトのリニューアルに伴い、デザインの変更並びにサーバーの移転を他の制作会社様で実施したところ、過去記事(サーバー移転前の記事)が移行されないままリニューアルが完了したとのこと。

リニューアル後のサイトには過去記事がほとんどなく、リニューアル後に新たに追加された記事が大半を占めていました。

クライアント様はリニューアル前のサイトを担当されていた制作会社(リニューアルを実施した会社とは別)からバックアップファイル[MySQLをdump(ダンプ)したもの]を提供されており、そのファイルを使用して当方で過去記事(サーバー移転前の記事)の移行作業を実施することとなりました。

最も注意したのは、既に稼働しているサイトへの記事追加ということで、IDの重複により記事が上書きされること。これは過去記事のIDを変更することで回避しました。



主な作業内容

  • テスト環境を構築し、各種テストを実施するためのサイト(リニューアル後のサイトと同様のサイト)を立ち上げ。
  • 稼働中のサイト(リニューアル後のサイト)が過去記事を受け入れる前提となっていなかったこと、またリニューアル前後でサイトの仕様が一部変更になっていたことから、稼働中のサイトへ過去記事データのインポートがスムーズに行えるようにバックアップファイルの加工を実施。(現行サイトの記事と過去記事のIDが重複しないよう再採番するなど)
  • 適切なプラグインを使用し、過去記事移行のテストを複数回実施。
  • テストを複数回重ねた上で、本番環境(稼働中のサイト)へ過去記事をインポート。サムネイル周りの仕様が変更となっていることから、プラグインを使用しサムネイルを再生成。

使用したWordpress(ワードプレス)のプラグイン

duplicator

WordPressで構築されたサイトの全てのデータ(記事、画像、テーマ、プラグイン)をもまるごと別の場所に移すことができるプラグイン。サーバーの移転を実施するときなどに使用します。

ARI Adminer

WordPressの管理画面からデータベース管理ツールが利用できるようになるプラグイン。MySQLの管理ツール「phpMyAdmin」と同じような機能をWordPressの管理画面上で利用できます。

Force Regenerate Thumbnails

使用中のテーマで定義されている画像サイズに基づいて、画像を再生成してくれるプラグインです。同時に、不要なサイズのサムネイルを削除してくれます。




シェアする

フォローする

ホームページ 企画・立案/制作/運営相談 エイビス
© 2017 a-bis, All Rights Reserved.