中小企業がホームページの管理・運営で失敗しないための7つの心構え

中小企業様・個人事業主様向けにホームページ企画・制作/運営支援を行っているエイビスと申します。

お金をかけて、そして期待を込めて制作したホームページを「更新ができない」「成果が上がらない」「制作会社に不満がある」などの理由で放置していませんか?

ホームページは、適切に管理・運営することで効果を発揮します。これは、会社の規模や業種に関係なく、全てのホームページに当てはまることです。

この記事では、中小企業様・個人事業主様に向けに、ホームページを管理・運営する上で大切な心構えを7つ説明いたします。この7つの心構えを持ちながらホームページを管理・運営していくことで、貴社・貴店のホームページを成果の上がるものに改善することが可能となります。



ホームぺージの目的を明確にする

まず、ホームページを使って何をしたいのか、すなわち「ホームページの目的」を明確にする必要があります。これは本来、ホームページを最初に作る段階で決めておかなければならないことなのですが、現時点で「ホームページの目的」がはっきりしていない場合は今からでも遅くありませんので「ホームページの目的」の明確化に取り組みましょう。

ホームページの目的は、大きく以下のように分類されます。

  • 商品やサービスの販売
  • 資料請求・サンプル請求の受付
  • 新規顧客、見込み客の獲得
  • お問い合わせの受付
  • リアル店舗への集客
  • 情報発信
  • 会社のイメージアップ

もちろん、この7つのどれか1つだけに分類されるのではなく、2つ、または3つを兼ねているホームページがほとんどでしょう。

本来、中小企業や個人事業主のホームぺージの目的はひとつに絞ることが望ましいのですが、やむを得ず複数の目的を持つ場合も、下記のようにその目的を明確にすることが必要です。

  • 会社のイメージアップをしながらリアル店舗へ集客する
  • お問い合わせの受付をしながら新規顧客・見込み客を獲得する

ここで気をつけなければならないのが、「ホームページであれもこれもやりたがらない」ということ。予算も人員も限られていることの多い中小企業や個人事業主においては、ホームぺージの目的を絞り、それを確実に達成していくというのが現実的です。

ホームぺージの目標は数値を入れ、関係者で共有する

ホームぺージの目的を明確にしたら、次は目標を具体化していきます。

このときに「ホームページからの問い合わせを増やす」より「ホームページからの問い合わせを月10件獲得する」、「ホームページのアクセス数を増やす」より「ホームページの月間ページビューを5000にする」などといった具体的な数値入りの目標を設定しましょう。

そして、ホームページの目的、目標はホームページに関わる人全員で共有してください。当然、社内の関係者だけでなく、ホームページの運営を外注している場合にはホームページ制作会社にも共有することが大切です。

制作会社はホームページの目的、目標を知ることでよりスムーズにホームページを管理・運営していくことが可能となります。

「制作会社に大切な情報は教えられない。こちらが言ったことだけやってくれたらいいんだ」などという考え方は、ホームぺージで事業を成功に導くことを邪魔するだけです。

ホームページはコストをかけてきちんと更新運用する

突然ですが、もしホームページに使える予算が年間に100万円あったらどのように使いますか?

  1. ホームページを100万円かけて制作
  2. ホームページを60万円かけて制作し、以降は月3万円を運用費に充てる

答えはB.です。その理由をこれから説明いたします。

同じ制作会社に頼むのでしたら、60万円のホームページより100万円のホームページのほうがクオリティが高いはずです。

しかし、A.の場合、ホームページの制作に全予算を使うので、制作後は予算が足りずにホームページの更新ができません。B.はホームページ制作後の更新にかかる予算を確保しており、制作後も定期的な更新が可能です。

ホームページは作ってからが本番です。制作後に適切に管理・運営を行うことで、ビジネスに大いに役立つものとなります。コストをかけてきちんと管理・運営している「60万円で制作したホームページ」は、制作後放置している「100万円で制作したホームページ」より高い価値を持ちます。

ホームぺージ制作会社は「パートナー」であると考える

良質なホームぺージ制作会社を選び、信頼関係を築くことができれば、ホームページの管理・運営はほぼうまくいくと言って良いでしょう。ホームぺージ制作会社は「作業員」ではなく「パートナー」です。

ホームページの管理・運営を適切に行い、ビジネスを成功に導くためには、発注側の企業が持つ知識や経験は欠かせません。自社商品やサービス、業界の動向などを正しく認識し、それらを余すところなくホームぺージ制作会社に伝えてください。

そして、もっとも注意しなければならないのは「過度の価格交渉」。これはホームぺージ制作会社と信頼関係を築くのに邪魔にしかなりません。

ホームページの制作や運営に関するコストを意識することは非常に大切なことですが、ホームページという商品の特性を考えると、必要以上に価格交渉を行うことで得することなど何もありません。何故なら、クオリティを下げずに価格を下げることが考えにくいからです。

「ホームページの制作コストはほとんどが人件費だから」といって(事実そうなのですが)値下げを要求したところで、その値段に見合ったホームページが作られるだけです。制作会社は、ホームページの制作や運営にかかる工数を減らすか、スキルが低いスタッフを使います。ですので、コストダウンに成功したところで何の得にもならず、むしろマイナスとなる可能性があります。

適正な費用をホームページ制作会社に支払うことが、信頼関係を築く第一歩です。

ホームぺージの担当者は適任者を選び、一定の権限を与える

ホームページの管理・運営を外部の制作会社に依頼する場合であっても、社内にホームページの担当者が必要となります。

このとき、ホームページのこともよく分かっているだろうということで「パソコンに詳しい社員」や「システム担当の社員」を選びがちですが、これは間違いです。

ホームページは「実店舗」と同じです。実店舗の店長を決めるときに「家具が好きな社員」や「木材に詳しい社員」を選んだりしませんよね?

ホームページ担当の社員に求められるのは「パソコンやシステムの知識」でも、「ホームページを制作するスキル」でもなく「自社の商品やサービスを売るための知識とスキル」です。

つまり、ホームページの担当者に最適なのは「営業マン」ということになります。

営業マンであれば、自社商品やサービスについての知識も豊富ですし、それらが誰に売れているか、どうすれば売れるかをよく知っています。その知識や経験をホームページに反映させれば良いのです。

このときに、ホームページ担当社員は一定の権限を与えるべきであると考えます。決裁権が無いと、たった1ヶ所の更新にも非常に時間がかかり、タイムリーな管理・運営を行うことができません。

  • ホームページの更新内容を決裁権者に確認し、確認後に更新作業を行う(制作会社に依頼)
  • 更新したページを公開前に決裁権者に一度確認してもらい、確認が終わった後にページの公開を行う

こういった無駄な手間を省くためにも、ホームページ担当の社員には一定の権限を与えるべきでしょう。

金額の大きい広告宣伝費の決裁などは別として、日々の更新などについてはホームページ担当の社員に判断を任せた方がスピード感が出ますし、無駄な時間がかからないことで機会損失も少なくなります。

ホームページでこだわらなければならないのは見た目より「中身」

ホームぺージにこだわることは非常に大切です。

しかし、こだわらなければならないのは「ホームぺージの見た目」ではなく「ホームページの中身」です。

「ホームページは個性的でなければならない」「ホームページで他社と差別化しなければならない」と考えるあまり、デザインにばかり気を取られる方は少なくありません。

確かにホームページの第一印象は大切ですが、それは「綺麗なデザインであること」を意味するものではありません。

中小企業のホームページにとって大切なのは「綺麗なデザイン/格好いいデザインであること」より「分かりやすいこと」「使いやすいこと」そして「お客様の役に立つこと」です。

ターゲットユーザーが使いやすい、そして親しみやすいホームページデザインにすることが重要です。

何より大切なのはホームぺージへの反応を見ながら改善を続けること

「ホームページは作ったら終わり」ではなく、作ってからが本番です。

どんなにお金をかけてホームページを作っても、公開直後すぐに商品がたくさん売れたり、多くの問い合わせが殺到することなどまずありません。

Googleアナリティクスなどの計測ツールを使い、ホームぺージを訪れるお客様の反応を見ながら、商品写真の入れ替え、キャッチコピーの変更、ページの追加など、お客様にとってより便利で使いやすいホームページとなるよう試行錯誤していきましょう。

まとめ

ここまで「ホームページの管理・運営を適切に行うための心構え」を7つ挙げてきました。

繰り返しになりますが、ホームページは「作ったら終わり」ではなく、作ってからが本番です。ホームページの管理・運営を適切に行うことで、貴社のホームページは事業に抜群に役立つものとなります。

お問い合わせ

現在お持ちのホームページについて以下のようなお悩みをお持ちの中小企業の社長様・ご担当者様は是非一度ご相談ください。(ご相談は無料です)

  • ホームページの運用、運営方法がよく分からない
  • ホームページを改善したいがどこから手をつけたら良いか分からない
  • ホームページをリニューアルすべきか迷っている

御社のホームページを拝見させていただき、最適なアドバイス・ご提案をさせていただきます。

会社名/事業者名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ホームページ URL ※現在お持ちの場合のみご入力ください

お困りの点

その他ご自由にお書きください

確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください



シェアする

フォローする

中小企業様・個人事業主様向けホームページ企画・制作・運営支援 エイビス
© 2017 a-bis, All Rights Reserved.