中小企業や自営業がホームぺージへ見込み客を集客するためのブログ記事の書き方

中小企業様・個人事業主様向けにホームページ企画・制作/運営支援を行っているエイビスと申します。

多くのお客様をホームページに誘導するために、毎日頑張ってブログを書いている中小企業の社長様やご担当者様、また個人事業主の方にはこのような悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

「毎日頑張ってブログを書いているのにホームページ集客に全くつながらない」

頑張ってブログを書いてもホームページ集客につながらないのは、ブログの書き方が間違っているからです。間違ったフォームでバッティング練習をしても、ボールを遠くに飛ばせるようにならないのと同じです。

この記事では、ホームページ集客に抜群に効果のあるブログの書き方を説明いたします。ブログをホームページ集客につなげ、あなたのビジネスを成功に導きましょう。



中小企業・個人事業主のホームページへの集客にブログをおすすめする5つの理由

ホームページ集客に役立つブログ記事の書き方を説明する前に、私が中小企業様・個人事業主様のホームページ集客にブログをおすすめする5つの理由を改めて紹介いたします。

  1. ターゲットユーザーへ直接アプローチできること
  2. ブログ記事がインターネット上に蓄積されることで継続的な集客が可能であること
  3. お客様へ安心感を与えることができ、良質なお客様(ファン)の獲得が可能であること
  4. 比較的簡単に、そして繰り返し情報発信ができること
  5. 低コストであること

ターゲットユーザーへ直接アプローチできる

ブログを書くことで生まれるメリットはいろいろとありますが、ターゲットユーザーへ直接アプローチができることは、メリットの上位に挙げられるでしょう。

今お読みいただいている記事を例に挙げますと、この記事はホームページへの集客でお悩みの中小企業の方、個人事業主の方に向けた記事です。記事のタイトルにもブログ本文にも、ホームページへの集客に関連する単語が使われており、文章の内容も当然ホームページへの集客に関連するものです。

従って、「ホームページ 集客」「ブログ 集客」といったキーワードで検索した場合にこの記事が検索結果の上位に表示されます。「ホームページ 集客」「ブログ 集客」というキーワードで検索するのは、ホームページへの集客でお悩みの方ですから、この記事は「ターゲットユーザーに直接アプローチ」しています。さらに「中小企業」といったキーワードを加えて検索した場合には、ターゲットユーザー(=ホームページへの集客でお悩みの中小企業の方)にこの記事が読まれる可能性がより上がるでしょう。

ブログ記事を書くときに意識するターゲットユーザーを絞れば絞るほど、その記事はターゲットユーザーに届きやすくなります。ブログを書く以上はたくさんの人に読んでもらいたい、という気持ちは分かりますが、ホームぺージ集客のためのブログである以上、ターゲットユーザーだけに向けた記事を書いてください。

お客様へ安心感を与えることができ、良質なお客様(ファン)の獲得が可能である

ターゲットユーザーに向けて書いたブログ記事は、その専門性で読み手の不安感を軽減します。ブログ記事に出てくる書き手の人柄や考え方に共感する方も出てくるでしょう。

ブログを読んで興味を持ってくださった「お客様」は、クーポン持参で来店するといった「価格重視」のお客様とは異なる良質なお客様(=ファン)で、リピーターになってもらえる可能性が高いといえます。

この部分はチラシやダイレクトメールといった広告にはない、ブログだけが持つ大きな利点といえるでしょう。

ブログ記事がインターネット上に蓄積されることで継続的な集客が可能

投稿したブログ記事は全てインターネット上に(半永久的に)残り、検索の対象となります。

つまり、投稿したブログ記事の数が増えれば増えるほど検索対象となるページが増えます。仮に1記事あたり1日のページビュー(PV)が10回という記事があったとしたら、10記事で10記事×10PV=100PV、50記事で50記事×10PV=500PVとなります。さらに記事数が増えれば、その分ページビューが増えます。

そして、有益な内容、良質な情報であれば記事の新しい古いに関係なくGoogleやYahoo!の検索結果で上位に表示されます。つまり、ブログで有益な記事を書けば書くほど、検索上位に表示される記事が多くなり、継続的な集客が可能となるのです。

比較的簡単に、そして繰り返し情報発信ができる

ブログの開設にホームページ制作の知識は不要ですので、誰でも手軽に情報発信を始めることができます。それに加え、1度書いたら終わりではなく、2度でも3度でも書きたいだけ記事を書いて情報発信することができます。そして、書いた記事をもっと詳しく書き直したい、分かりやすく書き換えたいときにも、簡単に修正することができます。

一度制作したら修正のきかないチラシやパンフレットといった紙の広告とは大違いです。比較的簡単に、そして繰り返し書ける、何度でも書き直せるのがブログの特徴のひとつです。

低コストでの開始、運用が可能である

他の広告に比べ、ブログは低コストで始めることができます。

例えば、アメブロ(アメーバブログ)、ライブドアブログ、fc2、jugem、seesaaといった無料ブログサービスを使えば、ブログを書くのに費用は一切かかりません。但し、こういった無料ブログサービスには広告が表示されたり、またサービスの提供が突然終わる可能性もあるなど、集客用のブログとしてはおすすめしづらい部分もあります。

そこでおすすめなのが、自社サイト内にブログを設置すること。(当ブログのような形式です)こうすることで、自社のドメインが強くなり、検索結果に好影響を与えます。また、無料ブログサービスとは異なり、ブログのデザインも自由に行えます。

Webサイト(ホームぺージ)を作成する際、Wordpress(ワードプレス)を使用すれば、サイト内にブログを置くことが可能です。Wordpress(ワードプレス)にはSEOに強いテーマ、デザイン性の高いテーマなど多数存在しています。

ホームぺージ集客に強いブログ記事を書くには

それではここからは、ホームぺージ集客に強いブログ記事の書き方について説明いたします。

誰に向けてブログを書くか

ホームページ集客、ブログ集客についての記事にはよく「ブログはペルソナを意識して書きましょう」と書かれています。

ペルソナとは年齢、性別、職業、趣味などを組み合わせることによって想定した架空の顧客像のことを指すマーケティング用語です。

例:40歳・男性・医師・野球が趣味(実際には氏名、居住地、年収など細かく設定します)

しかしながら、ペルソナを決めるのに時間がかかったり、決めたペルソナを意識しすぎてブログ記事が書けなくなってしまっては本末転倒です。

そこで、私はまず「あなたの会社の商品・サービスを使ってほしい人」(=ターゲットユーザー)を思い描くことをおすすめしています。ペルソナほど細かく決める必要はありませんが、年代と性別、職業くらいは具体的にイメージしましょう。

このときは、多くの人に商品・サービスを使ってほしいからといって「全ての年代の男女」をターゲットユーザーとして思い描くことだけは絶対にやめてください。「世間一般」に向けたブログは結果として誰にも響きません。ブログの集客効果を最大限に発揮するためには、ターゲットユーザーはできるだけ絞り込む必要があります。

何をブログに書くか

ホームぺージ集客のためのブログには、主に先ほど思い描いたターゲットユーザーに向けての記事を書いていきます。具体的には以下の2点となります。

  1. ターゲットユーザーが持つ悩みの解決法
  2. ターゲットユーザーの役に立つ情報

当ブログ(ホームページ)もこの2点のいずれかにあてはまる記事で構成されています。それぞれひとつずつ例を挙げますので、参考にしてみてください。

ちなみに当ブログ(ホームページ)のターゲットユーザーは「ホームページやブログの運営で困っている中小企業の社長さんとWeb担当者または個人事業主(自営業)の方」です。

▼ターゲットユーザーが持つ悩みの解決法

この記事には、自社のホームページやブログを使って集客したいと考えているターゲットユーザーが、具体的に何をすれば良いかを書いています。

▼ターゲットユーザーの役に立つ情報

社内でホームページの担当者を決める際、どんな人を選ぶべきかを書いています。

重要なのは、「こちらが言いたいことを書く記事」ではなく、あくまで「ターゲットユーザーの役に立つ記事」を書くことです。

どのようにブログを書くか

私は、ホームページ集客のためのブログを書く際、以下の3点を常に意識しています。

①ターゲットユーザーが使う検索キーワードを考える

ターゲットユーザーが自分自身の悩みを解決したいと思ったとき、知りたいことを調べたいと思ったときにどのようなキーワードを使って検索するかを徹底的に考えます。

このときに大切なのが「読者目線」。自分がターゲットユーザーになったつもりで、2語または3語を組み合わせたキーワードを考えてみてください。

当ブログの場合は「ホームページ 集客」「ブログ 集客 方法」といったキーワードになります。

関連キーワード取得ツールを使うと、関連するキーワードを簡単に抽出できますので非常に便利です。

②競合記事(上記キーワードで上位に表示される記事)を調査する

①で考えたキーワードを使用して、実際にgoogle検索してみます。

私の場合は、まず検索上位に表示されている記事(10記事~15記事)を徹底的に読み、以下の点について調べます。

  • 予想したキーワードにマッチした内容になっているか
  • 具体的にどのようなことが何文字くらいで書かれているか
  • いつ頃書かれた記事か

調べていくうちに、全ての記事に共通して書かれている内容が多いことが分かります。

この共通して書かれた内容が、ターゲットユーザーの悩みを解決する情報、ターゲットの役に立つ情報である可能性が高いです。

③競合記事のどこにも負けないような本当に役に立つ記事を書く

②で出てきた「共通した内容」を、競合記事のどこよりも丁寧に分かりやすく説明した記事を書きます。

このとき、文章の最初に「この記事があなたの●●という悩みを解決します」ということを書いておくと、読者が離脱せずに済みます。

ここで注意しなければならないのが、競合記事をコピペしてしまうこと。他記事のコピペは絶対に厳禁です!

ブログは「量」より「質」

「量は質に転化する」という言葉もあり、「毎日ブログを書きましょう」と指導する方が多いと聞きます。毎日書くことが望ましいかはともかく、数多く書けばその分上達も早くなるでしょう。

但し、これはあくまで正しい手法で書いた場合のみです。

間違ったフォームで何百回素振りをしても決してバッティングが上達することがないのと同様、考えも無しにただ書きなぐるだけでは文章も上達しませんし、言うまでもなくホームページやブログを使った集客など夢のまた夢です。

わずか10回の素振りであっても、それが正しいフォームで行われたものならば、こちらのほうが遥かに有益です。

先に書いた「誰に」「何を」「どのように」を意識しながら質の高い文章を生み出していきましょう。

最初は時間がかかると思いますが、慣れていくうちに書くスピードもアップしてきます。

「ブログ集客セミナー」「ホームぺージ集客セミナー」にはご注意を

「ブログ集客教室」「ホームページ集客講座」などといった、ホームページへの集客を教えてくれるようなセミナー、また「ブログ集客サロン」などといったオンラインサロンにはご注意ください。

ホームページ集客/ブログ集客の基本は「ターゲットユーザー、見込み客に役立つ記事を書き続けること」です。それ以上のものはありません。お金を払ってセミナーやオンラインサロンで学べるようなことなどありません。

最低限分かりやすい文章を書くことは必要ですが、それもセミナーやオンラインサロンなどで1対複数で学ぶより、本(書籍)を使って学んだ方が有益です。

ブログは「目的」ではなくあくまで「手段」

最後にお伝えしたいのが、ブログを書くことを「目的」にしないということです。

我々がやらなければならないのはブログを使ってホームページに集客し、最終的には問い合わせや売上の増加といった目的を達成することです。ブログ集客はそのための「手段」です。

ブログを書くことを「目的」とし、誰の役にも立たないブログ記事を書くことは時間の無駄でしかありません。

【まとめ】ブログ集客は難しくない

ブログを使ってのホームぺージへの集客について「難しい」「できない」などと言う人は決して少なくありませんが、そういう人たちは大抵ブログを書き続けることができなかった人たちです。

正しい方法でブログを書き続けることができる人にとって、ブログを使ってのホームぺージへの集客は決して難しいものではありません。

正直、満足な集客ができるようになるまでは時間がかかります。効果が出るまでには早くても数カ月、業種・業界によっては1年以上かかることもあります。しかしながら、一旦効果が出始めると、その後集客の効果は継続します。(もちろん、ブログは書き続ける必要があります)

ホームページへの集客方法はいくつもありますが、費用対効果を考えると無料または低コストで始められるブログが一番優れています。

ブログを始めるのに遅すぎるということはありません。今日からブログ集客を始めてみませんか?

中小企業様・個人事業主様向けホームページ企画・制作・運営支援 エイビス
© 2017 a-bis, All Rights Reserved.