中小企業の社長さん、集客のためのブログは自分で書きましょう

ホームページへお客様を集客するための効果的な方法といえば、広告、Twitterやfacebookなどのソーシャルメディア、ブログなど挙げられます。

今日はその中で、ブログにまつわる話をしたいと思います。



ブログを自分で書くよう中小企業の社長さんにお願いした話

以前、とある中小企業の社長(創業社長)さんにこんなことを聞かれたことがあります。

「ブログを使ってホームページに集客したいんだけど、ブログを誰に書かせたらいい?」

社長さんの考えでは、集客のためのブログを書くのはホームページ担当の社員さん、または総務担当の社員さんだったようなのですが、私はこう答えました。

「社長、集客のためのブログはご自分でお書きになってください。それが一番効果が高いです」

ホームページ担当の社員さんでも総務担当の社員さんでもなく、社長が集客ブログを書くのが一番効果が高い理由は何だと思いますか?

それは、「社内で一番会社や商品のことについて詳しいから」です。

特にこの社長さんは創業社長ですから、会社や商品のことについては一番知識があり、思い入れも強いはずです。
良質な集客ブログとなる条件にはいろいろありますが、会社や商品について深くて正確な情報を提供することは、当然その条件に入っています。
社内で一番「会社や商品について深くて正確な情報」を提供できるのは、他ならぬ社長ですよね。

集客ブログの更新頻度と内容

集客ブログの更新頻度

その社長さんには、出来るだけ毎日ブログを書くことをオススメしました。
本気でブログを使って集客しようと思ったら、更新頻度を上げる必要があります。
「ネタが思い浮かんだら書く」「書けたら書く」などと言ってたら、絶対に書かずに終わります。

しかし、いくら「ブログはできるだけ毎日書いたほうが良い」といいましても、漫然と書き続けるだけでは集客どころか何の役にも立ちません。ゴミを撒き散らしているのと同じです。

どうしても毎日ブログが書けないようなら、2日に1回でも、週に1回でも構いませんので定期的に更新する習慣をつけてください。

集客ブログの内容

そして、ブログには、必ず自社のお客様(見込み客)に向けた文章を書いてください。
自社のお客様(見込み客)が知りたいであろうこと、自社のお客様(見込み客)の役に立つことがブログの主な内容となります。
どこに行ったとか何を食べたとかは、ご自分が有名人でもない限りは集客にも売り上げアップにつながりませんので不要です。知らない人の行動や食事に興味を持つ人など皆無です。

ブログは「絶対」ではない

もちろん、ブログを書き続ければ必ずホームページに集客ができ、売り上げがアップするわけではありません。
読む人にとって有益な情報を提供し続けて、初めて「ホームページに集客できる可能性が上がる」のです。

その「可能性」を少しでも上げるためには、「ブログ集客のプロの視点」が必要です。
プロの視点で、貴社のブログを集客力の高いものにいたします。

「エイビス」が貴社のブログをお手伝いします。

以前、あるスクール様よりお声がけいただき、スクールの生徒様向けにブログ集客についてのセミナーを実施しました。

http://a-bis.net/blog/blog-seminar/3132/

このセミナーの内容を貴社ブログ向けにアレンジし、ご提供いたします。

【「エイビス」がお手伝いする内容】

1.貴社がお書きになったブログの編集作業
2.ブログのネタ出し方法のレクチャー(ネタ出しそのものもお手伝いします。)

お問い合わせはこちらから。

お問い合わせ

現在お持ちのホームページの集客についてお悩みをお持ちの中小企業の社長様・ご担当者様、個人事業主(自営業)の方は是非一度ご相談ください。(ご相談は無料です)

  • ホームページの運用、運営方法がよく分からない
  • ホームページを改善したいがどこから手をつけたら良いか分からない
  • ホームページをリニューアルすべきか迷っている

御社のホームページを拝見させていただき、最適なアドバイス・ご提案をさせていただきます。

ご相談内容 ※現在お持ちの場合のみご入力ください
ホームぺージ運営についてホームぺージ制作・リニューアルについてホームぺージ集客・ブログ集客についてその他

会社名/事業者名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ホームページ URL ※現在お持ちの場合のみご入力ください

お困りの点

その他ご自由にお書きください

確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください

シェアする

フォローする

中小企業様・個人事業主様向けホームページ企画・制作・運営支援 エイビス
© 2017 a-bis, All Rights Reserved.