ホームページの制作料金・運営費用の相場とコストを下げる方法

ホームページ制作費用

制作費用の相場

制作費用の相場:5万円~

ホームページを立ち上げる際に必要な費用(制作費用/初期費用)は、作成するホームページの規模、内容により大きく変わってきます。

ページ数が5ページ程度の小規模なホームページや、デザインテンプレートを使ったホームページなら5万円~10万円程度の制作費用で済みますし、デザインテンプレートをカスタマイズしながら制作する場合の費用は10万円~50万円となるでしょう。ページ数が100ページを超えるような規模のホームページを制作する場合やオリジナルデザインで制作する場合、複雑なプログラムを動かす場合などは数百万円~となります。

要は「ホームページを使って何をやりたいか」で費用が違ってくるということです。

会社案内を目的としたホームページでしたら、5万円~10万円のホームページで十分でしょう。しかしホームページを使ってビジネスを強化するなどといった目的がある場合は、もう少し予算をご用意していただいたほうが良いかと思います。最低でも30万円、出来れば50万円といったところでしょうか。

ただ、ホームページで一番大切なのは制作後の「運営」です。どんなに高額なホームページであっても、制作後に放ったらかしにすれば何の効果も出ませんし、低価格なホームページであっても、制作後に正しく運営をすれば必ず良い結果が出ます。

従いまして、ホームページを新たに制作する場合は、初期費用の高い安いだけではなく、制作後の運用コスト(運営費用)を踏まえて判断されることをお勧めします。もちろん、運営に強い制作会社(Web業者)とお付き合いしなければならないことは言うまでもありません。

初期費用が著しく安いホームページ制作会社には要注意!

「価格が安いホームページ」には必ず理由があります。Webデザイナーなど制作者のスキルが低い、ノウハウに乏しいという場合もありますし、短期間で制作できるよう他社用に作ったホームページを使いまわす場合もあります。

また、初期費用は安くても、月々の費用が割高であり、トータルで考えると高額なホームページになってしまった、などという例もあります。

「価格が安いホームページ」が全て悪いとは言いませんが、目先の安さに惑わされないようにご注意ください。

制作費用の内訳

制作するホームページにより異なりますが、少なくとも以下のような項目が見積書に記載されているかと思います。(制作会社により文言が異なります。またデザインとコーディングが別項目となっている場合があります)

  • 企画構成費(目安:30,000円~)
  • 進行管理費(「制作費用の●%」とするケースが多いようです)
  • トップページのデザインとコーディング費
  • 下層ページのデザインとコーディング費
  • メールフォーム作成費
  • CMS導入(設定)費
  • バナー、イラスト作成費

全ての項目について、単価は制作会社ごとにまちまちです。従って、項目ごとの単価を制作会社ごとに比較するのは無意味です。「総額」で考えていくのが良いでしょう。

「原価」について

ホームページ制作の原価の大半は「人件費」です。従って、ホームページを制作するのに多くの人間が関われば関わるほど費用が高くなります。営業マンがいるような大きなホームページ制作会社は、その分の人件費がかかりますし、小規模の制作会社や個人事業主の場合はそれだけ人件費がかからないということになります。

この人件費に、制作スタッフが持つスキルやノウハウを加えたものが、ホームページ制作の「原価」となります。

制作会社と個人事業主の違い

ホームページの制作を依頼する相手は、大手のホームページ制作会社、中小規模の制作会社、個人事業主(フリーランス)のいずれかとなります。

先に述べた通り、ホームページの制作費用は人件費によって大きく左右されますので、多くのスタッフを抱える大手の制作会社は費用が高くなりがちです。ですが、多くのスタッフがいる分、安心して仕事を任せることができる、ともいえます。大規模なホームページを制作する場合、複雑なプログラムを動かす場合、アクセス数が多くなることが予想されるホームページなどは、大手の制作会社に頼むと良いでしょう。

中小規模の制作会社や個人事業主(フリーランス)の良いところは、価格面、そしてフットワークの良さです。制作に関わる人数が少ない分制作費用も安くなりますし、営業マンを通さずに直接制作者と関わるケースが多いですので、要望への対応も早いです。中規模以下のホームページは中小規模の制作会社や個人事業主(フリーランス)に頼んだほうが良さそうです。

但し、個人事業主(フリーランス)に依頼する場合、ご注意いただきたいことがあります。もし、個人事業主(フリーランス)の方が病気等で(一時的にであっても)仕事が出来なくなった場合に、どのような対応となるかについてはあらかじめ確認したほうが良いです。(制作会社に頼んだ場合も担当者が休んだり退職したりするケースがありますが、そういった場合は他の方がフォローしてくれるはずです)

制作費用は値引き可能?

ほとんどの方が「ホームページの制作費用はできるだけ安いほうが良い」とお考えでしょう。ただ、制作費用の大半が「人件費」であることを考えると、必要以上に値引きを要求してしまうと、制作に要する時間を減らしてしまうこととなり、クオリティの低下を招きます。

ホームページの制作費用を安く済ませたい、とお考えの場合は、制作会社が出してきた見積もりを元に値引き要求するのではなく、ホームページ制作の予算をあらかじめ制作会社に伝えたほうが良いです。

もし、ホームページ制作の予算が50万円だとしたら、その金額を制作会社(または個人事業主)に伝えるんです。制作会社(または個人事業主)は、その予算の中でどこまでできるか、どれだけ要望に応えられるかを考え、提案してきます。この方法の良いところは「制作会社が予算内でできることを自ら考える」ということです。少なくとも、値引き要求をしたときよりは制作会社も気持ちよく動いてくれるでしょう。

相見積もりを取る時なども、先に予算を伝えることで「どこが一番予算内で要望に応えてくれるか」で判断することができます。

制作費用が高いと感じたら、制作会社と交渉することは大切ですが、必要以上の値引き要求は「技術の買い叩き」になりますのでほどほどに。

ホームページ維持費用

ホームページを維持するために最低限必要な費用がドメイン費用、サーバー費用です。

ドメイン費用

ドメインとは、インターネット上の「住所」にあたるもので、ホームページを公開する際に必ず(※)必要になります。(例:yahoo.co.jp、twitter.comなど)
日本の法人のみが利用できるドメインである、.co.jpは年間5,000円~10,000円程度かかります。利用にあたり特に制限のない.comや.netですと、年間数百円で済みます。(費用はドメインの種類により異なります)

(※)プロバイダーの契約をした場合に、プロバイダーの名前のついたドメインを使用できる場合もありますが、ビジネスには適していません。

サーバー費用

ホームページを公開するにあたってはサーバーも必要となります。サーバーとは、簡単に言いますと「ホームページの置き場」で、大規模なサイト以外は、レンタルとなります。(レンタルサーバーと呼びます)

レンタルサーバーの費用は業者により異なりますが、月間数百円~数千円です。安いレンタルサーバーの場合、使用できない機能があったり、アクセス数が多すぎるとページが開かなくなったりすることがありますので、ご注意ください。

維持費用を下げる方法

ドメインやサーバーの維持・管理は制作会社に任せるケースが一般的です。制作会社に全て任せておけば、ドメインやサーバーにトラブルがあったときなども一安心です。

ドメイン費用やサーバー費用といった維持費用を抑えたい場合は、制作会社経由ではなくご自分で直接ドメインやサーバーの契約を行うと良いでしょう。但し、トラブルがあった場合などはご自分で対応しなければならず、本業の妨げとなるでしょう。

ドメインやサーバーの維持・管理は、ホームページを管理してくれる制作会社(または個人事業主)に任せることをお勧めします。

ホームページ運営費用

ホームページは制作した後の更新や運営が大切です。更新や運営には費用がかかりますが、制作会社との契約方法は大きく「月額契約」「スポット契約」に分けられます。また、この運営費用には「保守費用」「管理費用」なども含まれる場合があります。

月額契約

ホームページ運営費用(月額契約)の相場:1,000円~30,000円/月)

更新回数に関わらず、毎月一定の金額を制作会社に支払う契約です。1,000円/月の制作会社もあれば、30,000円/月の制作会社もあります。更新の頻度や内容、各種サポートの有無などで金額が変わってきます。

ホームページの更新頻度が高い場合、月々の更新頻度に差がない場合、打ち合わせ等を頻繁に行う場合などは、月額契約のほうがお得になるケースが多いです。逆に、ホームページの更新頻度がそんなに高くない場合は、割高となるケースもあります。

また、契約に入っていないことを依頼した場合は別料金となりますので、「月額契約」の内容についてはよくご確認ください。

スポット契約

ホームページ運営費用(スポット契約)の相場:数百円/1回)

更新等を依頼する度に決まった金額を制作会社に支払う契約です。更新の内容にもよりますが、1回あたり数百円~数千円といったケースが多いようです。この「スポット契約」の良いところは、「依頼した分のみの費用を支払えば良い」という部分であり、無駄な出費を抑えられます。

但し、更新回数が増えた場合などは割高となる場合もありますし、更新を依頼するたびに費用を計算するのも面倒です。

運営費用は値引き可能?

運営費用を出来るだけ抑えるには、ホームページの更新等を制作会社に依頼せずに自社で行う、という方法があります。

確かに運営費用を抑えることは可能ですが、ホームページ制作が本職でない人に更新を任せるとなると、制作会社に依頼した時よりも時間がかかり、何より本業に影響が出る場合があります。また、作業に不慣れであることからどうしても担当者の手が空いているときの更新作業となってしまい、タイムリーな運営ができません。

ホームページの運営・更新は、「本職」である制作会社に任せることをお勧めします。

ただ、ご注意いただきたいのがホームページ制作会社だからといって、全ての業者がホームページの運営を得意としているわけではないということです。中には新規でのホームページ制作ばかりを行い、ホームページの運営(運用・保守)を全く行っていないという制作会社もありますので、最初に制作を依頼する際はご注意ください。

また、ホームページの運営・更新を制作会社に任せた場合の運営費用を下げたいときには、契約内容の見直しをお勧めします。もし必要のなさそうな項目が含まれていたら外してもらうと良いでしょう。制作会社が更新作業等をしやすいように依頼方法を工夫するのも良いかもしれません。

こちらも、制作費用同様に必要以上の値引き要求は「技術の買い叩き」になります。制作会社と良好な関係を保つためには、無理な要求を控えるのが吉です。

その他の費用(広告宣伝費など)

ホームページを運営するにあたり、アクセスアップのために広告を出すなどした場合は広告宣伝費がかかります。

広告宣伝費については、いくら使えば必ず成果が出る、といったものではなく、持っているホームページや商材の特性により費用が変わってきます。

よく使われる広告に「Googleアドワーズ」というものがあります。これは、広告がクリックされるたびに費用が発生する広告です(例:1クリック3円など)。予算を設定することもでき、例えば月3万円で設定した場合は3万円÷3円=10000となり、10000回クリックされると終了となります。

まとめ

ホームページの制作料金・運営費用についてご説明して参りました。ホームページの制作・運営には相場の金額というものもありますが、ホームページの内容や制作する業者の規模により制作料金・運営費用もバラバラです。

月々の運営費用(保守・管理・更新など)についてはご注意いただいたほうが良さそうです。ホームページ制作会社によっては初期費用(最初にホームページを制作する費用)を低く抑え、その分を月額費用で回収するというやり方をしているところもあります。

そのやり方自体は(法外な金額でなければ)問題ありませんが、3年、5年などといったトータルで考えたときに割高になりがちですので、ホームページを作るときには制作費用(初期費用)だけでなく、毎月発生する運営費用(月額費用)についても考慮した上でホームページを制作されると良いでしょう。

もし、毎月支払っているホームページの運営費用について疑問がある場合は、遠慮せずに制作会社に質問してみると良いと思います。きちんとした業者さんでしたら、誠実に回答してくれるはずです。

ホームページ 企画・立案/制作/運営相談 エイビス
© 2017 a-bis, All Rights Reserved.