外注のホームページ制作会社にどこまで仕事を任せるか

ホームページの制作や運営を、外部のホームページ制作会社に依頼している場合、「ホームページの制作や運営をどこまで任せるか」を決めておかなければなりません。

任せる方法としては、大きく以下の2つ。

・ホームページの更新や運営について細かく指示を出すので、ホームページ制作会社はその通り動くだけ
・ホームページの更新や運営について、ホームページ制作会社にも深く関わってもらい、更新や運営だけでなくアイディア出しなども求める

今日は、依頼側から見たこの2つのメリット・デメリットについてまとめたいと思います。

ホームページ制作会社は指示通り動くのみ、という場合

【依頼側のメリット】

  • 依頼側のみで運営方針、更新内容等を決められるので、ホームページの更新がスピーディーにできる。
  • ホームページ制作会社へ払う費用が安くなる(ホームページ制作会社は作業のみ行えばよいので)

【依頼側のデメリット】

  • ホームページ制作会社に細かく指示を出さなくてはならない。細かく指示を出すために知識をつける必要も出てくる。
  • ホームページ制作会社のモチベーションコントロールが難しくなる。(言われたことをそのままやるだけではモチベーションが上がりません)
  • 外部からの意見が皆無であるため、更新内容の偏りなど運営方針に問題が発生した場合でも気づきにくい。

ホームページ制作会社がホームページの更新・運営に深く関わる場合

【依頼側のメリット】

  • 外部からの意見を取り入れることができ、偏りのないホームページの更新が可能となる。
  • アイディア出し等を行ってもらうことで意思の疎通もでき、こちらの考えが伝わりやすい。
  • ホームページ制作会社のモチベーションが上がる

【依頼側のデメリット】

  • ホームページ制作会社へ払う費用が高くなる

このように、費用面を除けば、ホームページ制作会社にホームページの更新・運営に深く関わってもらったほうがメリットは大きいのですが、一点だけご注意いただきたいことがあります。

ホームページ制作会社が「何が得意か」を確認する

大規模なホームページ制作会社でしたら得意・不得意などないのでしょうが、スタッフ数も少なく小規模なホームページ制作会社や個人事業主の場合、得意・不得意があると思ってください。

「デザインに強い」「コーディングに強い」「システム周りに強い」「企画・運営に強い」などがありますので、これからお付き合いするホームページ制作会社、現在お付き合いしているホームページ制作会社に聞いてみると良いかと思います。
(ちなみに、小規模なホームページ制作会社や個人事業主が「何でも得意です」と答えた場合、疑ってかかっても良いと思います)

もし、ホームページ制作会社に、ホームページの更新・運営に深く関わってもらいたい場合は「デザインに強い」「コーディングに強い」ホームページ制作会社よりも「企画・運営に強い」ホームページ制作会社が適任です。

まとめ

ホームページ制作会社の強み・弱みや得意・不得意を確認の上、「企画・運営に強い」ホームページ制作会社に、更新・運営に深く関わってもらいましょう。ホームページのクオリティも上がりますし、依頼側の業務効率も上がります。

ちなみに私どもエイビスは、企画・運営を得意としています。お客様の目的を達成するため、ホームページの適切な企画・運営を行っています。


ホームページ 企画・立案/制作/運営相談 エイビス
© 2017 a-bis, All Rights Reserved.