中小企業がホームページの更新を外注すべきたった2つの理由

ホームページの更新を社内で行うか、制作会社に外注するかはそれぞれにメリット、デメリットがあり、一概にどちらが良いとは言い切れません。

但し、これだけははっきりしています。

「中小企業はホームページの更新を外注すべきです。」

なぜ中小企業がホームページの更新を外注すべきなのか、これからご説明いたします。

中小企業がホームページの更新を外注すべき理由①人員面

中小企業とひと口にいっても、さまざまな規模の企業があります。
人員的に余裕のない企業も多いのではないでしょうか。

人員的に余裕がないと、「ホームページ更新担当」を専任で置くこともできず、総務や広報の社員が、場合によっては「パソコンそのもの」に詳しい、システム系、情報管理系の社員が兼任するような形となります。

当然、皆本来の業務がありますから、基本的にはホームページの更新は後回しになるでしょう。

そうなると、ホームページという「優秀な営業マン」「優秀な広報マン」は放置されることになり、非常に勿体ないです。

「社内でホームページを更新したほうがタイムリーに更新できる」と考えて社員に“ホームページ更新担当”を兼任させた結果、逆にホームページの更新対応が遅くなってしまうことになりかねません。

社内のホームページ担当は「更新作業」ではなく「運営の旗振り、指示出し」をする係とし、実際の更新作業は外部の制作会社などに依頼したほうが、ホームページを確実に、そして正確に更新できます。

関連記事:中小企業のホームページは「営業マン」が担当すべき

中小企業がホームページの更新を外注すべき理由②費用面

「ホームページの更新を制作会社に外注するとお金がかかるから……」と、社内でホームページを更新することにこだわる方がいますが、社内で更新したからといってコストがかからないわけではありません。
コストが見えにくいだけで、ホームページの更新を担当する社員の人件費は発生しています。

この「コストが見えにくい」が厄介なんです。

何回ホームページを更新しても、目に見えるお金が発生しませんから、ついあれもこれもホームページに載せる、となりがちです。
そうなると適切な運用など望むべくもなく、またホームページの更新を担当する社員に無駄な負担がかかります。

繰り返しになりますが、「社内でホームページを更新してもコストはかかります」。

でしたら、ホームページの更新は外部の制作会社に依頼すべきです。

かかる費用がはっきり見えることで、コストを意識するようになります。コストを意識するようになれば、無駄な支出は減らすようになりますので、あれもこれもホームページに載せたがるようなことはしなくなり、結果として適切なホームページの運用ができます。

まとめ

ホームページを社内で更新するメリットも数多くあるのですが、やはりホームページの運営の基本は「正確であること」「適切であること」です。
人員的に余裕のある場合を除けば、ホームページの効果を最大限に発揮するため、中小企業はホームページの更新を外注すべきです。

おまけ:中小企業はどのようなホームページを作るべきか

よく「ホームページのコストが負担になるから中小企業はホームページの制作や更新を外注すべきではない」といった記事を見かけます。

仮に、中小企業が大企業と同じようにホームページに費用を使えば、それは間違いなく負担になるでしょう。

しかし、そもそも中小企業は大企業と同じようなホームページを作る必要はありません。
戦う土俵が違うのですから、ホームページの規模だって違ってていいんです。
中小企業は、企業の規模や事業サイズに合ったホームページを持つべきなんです。
格好良いホームページより、使いやすいホームページ、お金を生み出してくれるホームページを作りましょう。


ホームページ 企画・立案/制作/運営相談 エイビス
© 2017 a-bis, All Rights Reserved.