間違いだらけのSEOがホームページ運営の邪魔をする

SEO業者からの営業電話のせいで、「SEO」というものを間違って理解している

そもそもSEOとは

SEOとは、”Search Engine Optimization” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを指します。

出典:SEO HACKS

SEO業者からの営業電話には、魅力的な言葉が並びます。

特に中小企業の社長あたりは、SEO業者からの営業電話で聞いた話を「SEO」だと思っていそうです。

そんな中小企業の社長が考えている「間違いだらけのSEO」に、かつて仕事を邪魔された話を書いていきたいと思います。

間違いだらけのSEO①:SEOは簡単な小手先の作業であると思ってる

以前取引のあった中小企業の社長(以下社長と表記)が、ある日SEO業者からの営業電話ではじめてSEO(検索エンジン最適化)というものを知ったときの話です。

SEO業者がどのような説明をしたかは分かりませんが、社長の解釈は「ページの中にキーワードを混ぜれば検索エンジンで上位に表示される」→「ホームページからの売り上げがアップする」というものでした。

「ページの中にキーワードを混ぜる」を“ホームページの修正”と同じような作業であると勘違いした社長は、そのSEO業者でなく、SEOが本職ではない僕に「えすいーおー」を依頼してきました。

社長がなぜ本職のSEO業者ではなく僕に「えすいーおー」を依頼してきたのか、答えは聞かなくても分かります。

SEO業者に聞いた価格が、きっと社長にとっては高く感じる金額だったのでしょう。
そして既に取引のある僕だったら、そんなに費用を掛けなくてもささっとやってくれる、そう思ったのではないでしょうか。

電話をかけてきたSEO業者がどの程度のスキルがあるのかはともかく(そもそも電話営業していること自体、SEOのスキルが無いことを証明しているので)、「SEOはやりたい!でもお金はかけたくない!」と考え、SEOが本職ではない僕に依頼してくる時点で、その社長のセンスの無さを強く感じたものです。

ちなみに僕だったら、予算次第ではありますが「SEO」という単語で検索したときに上位に表示される業者に依頼しますね。だって一番わかりやすい実績が出ているじゃないですか。

間違いだらけのSEO②:SEOはすぐに効果が出ると思ってる

いろいろ考えた結果、この社長からの依頼を受けることにしました。
提示された金額は驚くほど低いものでしたが、こちらも本職ではないですし、下手に普通の金額で受けたばっかりに「責任取れ!」などと言われるのも避けたかったので、渋々言い値で受けました。

とはいえ、指定のキーワードは「(サービス名) (県名)」で、且つサービスそのものがニッチな産業でしたので、比較的やりやすかったです。

【作業内容】
・全ページの<title>と<meta>を書き換え、パンくずリストを追加。
・全ページのテキストをキーワードを適度に含む形にリライト

元々、コンテンツの薄い小規模なホームページでしたから、本来でしたらリニューアルとまではいかなくともコンテンツの拡充から入りたいところではありましたが、予算も少なく協力体制も期待できそうにありませんでしたので、ひとまず上記2点の作業に絞ることにしました

とてもSEOと呼べるものではありませんが、社長の解釈では「ページの中にキーワードを混ぜれば検索エンジンで上位に表示される」ですから、これで十分といえば十分です。

作業の翌日、社長から1通のメールが届きました。
「検索してもまだ上位に出てこないんだけど?」
おおかた、電話営業のSEO業者から「すぐに効果が出ます」などと聞かされていたのでしょう。

僕はあと2~3日待ってもらうよう社長に伝えました。

そして数日後、指定のキーワードで検索してみると、私が手を加えたホームページが3番目に表示されていることを確認しました。

いわゆる「ミドルワード」ではありますが、競合が少なかったことも幸いして、あっさりと上位表示に成功しました。

逆に言いますと、何故これまで上位に表示されなかったのかが不思議なくらいです。

間違いだらけのSEO③:どんなキーワードでも上位表示が可能だと思ってる

狙ったキーワードでの上位表示に気を良くした社長、今度は別のワードでの「えすいーおー」を依頼してきました。

このキーワードがまたすごかった。

「福岡」

実は、最初のキーワードは「(サービス名) 福岡」だったんです。

「(サービス名) 福岡」で3位になったもんだから、今度は「『福岡』というキーワードで上位表示したい!福岡のことを調べている人みんなにうちのサービスを知ってもらいたい!」と言い出しました。

そもそもこのサービス、福岡県民向けのものであって、他県の人は対象外なんですよね

「(サービス名) 福岡」というキーワードで検索するのは、福岡県内でのそのサービスを探している人(=福岡県民)でしょう。

でも「福岡」という単一キーワードで検索するのって、果たして福岡県民でしょうか?
どちらかというと他県の人のように思えますが。

もっというと、「福岡」などという単一キーワードで検索する人なんていますか?

ということで、「福岡」というキーワードでの「えすいーおー」は丁重にお断わりしました。

それにしても、SEO業者からの営業電話をどう解釈したら(またはSEO業者がそう言ったのか)、いわゆる“ビッグワード”での上位表示も簡単に出来ると思えるのでしょう。もちろん、100%不可能だというわけではありませんが。

こういった「間違いだらけのSEO」、今でも蔓延っているのではないでしょうか。

SEOで大切なこと

SEOにおいて、大切なのは「コンテンツの充実」そして「内部対策」です。

google自身がこのように言っています。

検索ユーザーが素晴らしいサイトを見つけて情報を得る、その手助けのために Google は多くの検索アルゴリズム変更を行っています。私たちはまた、検索アルゴリズムだけの為でなく、ユーザーの為に優れたサイトを作っている方々の努力が、きちんと報われてほしいと考えています。

つまり、訪問するユーザーのことを第一に考えたサイトが評価され、上位表示されるということです。

正しいSEOとは「お客様への思いやり」とも言えるでしょう。

もし身の回りに「SEOで上位表示だ!」と言っている人がいましたら、こう教えてあげましょう。

「あなたのサイトはお客様を思いやっていますか?それがSEOの始まりですよ」と。

ホームページ 企画・立案/制作/運営相談 エイビス
© 2017 a-bis, All Rights Reserved.