ホームページやブログは「合うお客様」を探すためのツールである

シェアする

161017_abisblog

最近、いろいろなWeb制作会社のホームページを見て回っています。

見ているのは主に検索で上位に出てくるような制作会社ですので、皆素晴らしい実績をお持ちの会社ばかりです。ブログにも、前向きで良い内容の話が数多く書かれています。

こういうWeb制作会社に依頼すると良いホームページが出来るのだろうなあと思いつつ…

妙な違和感を覚えるのは私だけでしょうか。

スポンサーリンク

Web制作会社もお客様を選んで良い

Web制作会社の中では「どんなお客様でも大歓迎!」というところが一番多いのだと思います。「士業専門」「歯科専門」など、一部の業界に向けてコンサルティング込みで仕事を受けているWeb制作会社は見かけましたが、お客様の「質」を問うている会社はあまり見ませんでした。

低予算のお客様お断り!

とか

丸投げする人お断り!

とか

偉そうな人お断り!

とか

はっきりと書いたほうが良いと思うんですよね。

Web制作会社が(もちろん他の会社もそうですが)お客様を選ぶことは悪いことではないですし、むしろそうしたほうがお互いのためになります。

「合わない」お客様とのやり取りは時間のムダですし、良い仕事などできるはずもありません。

制作会社のホームページやブログにお客様の悪口を書いたりするのは論外ですが、特定できない程度に「合わなかったお客様との失敗談」など書くのは有りでしょう。むしろ好感が持てますし、お客様をフィルターにかけることもできます。

ホームページやブログは「合うお客様」を探すためのツールである

Web制作会社のホームページやブログに、「弊社はこういうお客様と仕事がしたいです」「こういうお客様は弊社とは合わないと思います」と書いても、名指しでなければ誰を傷つけることもありません。

せいぜい「ああ、このWeb制作会社は客を選ぶんだ」と思われるくらいでしょうが、そういう人はお客様になりませんから大丈夫です。

ですので、Web制作会社の皆さんは「一緒に仕事をしたいお客様のイメージ」をホームページやブログにどんどん書いていったほうが良いと思いますよ。

その「お客様の姿」が具体的であればあるほど良さそうです。

私が一緒に仕事をしたい、仕事をしてて楽しいと思える人はこんな人

・仕事に対して情熱を持っており、アイディアをたくさん持っている人
(アイディアの出し合いができて楽しいです)

・その業界での仕事が長く、業界に精通している人
(業界事情を正しく知ることは非常に勉強になります)

・チャラチャラしたり、奇をてらったりせずに「正統派」の仕事をする人
(この先生きのこるのはこういう人だと思います)

・年齢を気にせずに付き合ってくれる人
(お互いに敬意を持ちましょう)

・ホームページを充実させたい!と考えているプロレス・格闘技の団体(規模は問いません)、野球のクラブチーム(草野球ではないです)、その他スポーツ団体、芸能プロダクションなどからのお問い合わせは大歓迎です。

「ごめんなさい。他をあたってください」

・アイディアがなく、何でも丸投げする人

・ポリシーがなく、流行りものに飛びつこうとする人

・「ものづくり」に対するリスペクトがない人

・金払いの悪い人

・年齢が上だというだけで偉そうに話す人

・ニセ科学とかが大好きな人

ホームページ改善・再生 エイビス
中小企業・個人事業主向けホームページコンサルティング・制作 エイビス

東京・福岡・北九州の中小企業様・個人事業主様向けにホームページのコンサルティングと制作を行っています。

【ご提供サービス】

その他、仕事に関するお問い合わせはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでナリシゲをフォローしよう!