年上に学ぶのはやめよう!行き詰まった40代のオッサンは20代に学ぶべき。

シェアする

c087275192da77a069014b0b43a9bacb_s

20代では転職を繰り返し、ちょっと冴えない感じの私でしたが、
30代では少し盛り返しそれなりのポジションと年収を得ていました。
その後、体調不良のため仕事を辞め、40代前半ではかなり行き詰まりを感じていました。

ちょうどその時期に自分より遥かに若い20代の人とプライベートで知り合う機会がありました。
それまで、自分より若い人との付き合いが学校の後輩と会社の部下しか無かった私にとって
非常に新鮮な出来事でした。
もちろん、若い人の言ってることには甘い意見や浅い考察も多いです。
しかし、彼らには「今を生きている」力強さがありました。

40代といえば、人生の折り返し地点を過ぎた感じで自分の先行きもはっきりと見えてくる時期です。
現在が充実している人、将来が安泰な人はそれで良いと思いますが、
どちらかと言うと現在も、そして将来にも不安を抱えている人が多いのではないかと思います。
私もそのひとりでした。
しかし、20代の若い人と交流することで、将来に一筋の光が見えてきました。

スポンサーリンク

20代に学ぶことは恥ずかしいことではない

いや、私は恥ずかしいと思ってましたよ。
経験もスキルも劣っている相手から学ぶことなど無い!そう思ってました。

そもそも、この時点で私は大きな間違いを犯していたんです。
かつて、私にとっての「学び」とは「仕事に関すること」だけでした。
しかし、職場も職種も違う若い人と交流することで、それ以外の「学び」もあることに気付いたんです。
彼らは私が知らないことをたくさん知ってました。
最近の流行りも知ってますし、マニアックな趣味も持ってました。
仕事についても、(当然ですが)私とは違う目線で見ています。
彼らは、自分がいつの間にか忘れてしまっている「プレイヤー目線」を思い出させてくれました。

この「プレイヤー目線」、会社勤めの40代は忘れがちじゃないでしょうか。
例えば、20代の部下が40代の上司に仕事の相談をしたとします。
40代の上司にとって、それが過去に自分もやった仕事だとすると、
相談に乗るというよりは自分の経験を延々と語って終わりになりそうです。
20代の頃には自分も似たような悩みを持っていたはずなのに。

20代とはどこで知り合い、どこでどう学ぶか

20代とどこで知り合うか

40代にとっては、まず20代と知り合うこと自体がハードルが高いですよね。

私の場合は、セミナー的なイベントで知り合うことが多かったように思います。
ゲンロンカフェとか下北沢のB&Bでよくやってるようなイベントです。
阿佐ヶ谷ロフトAってのもありました。

この手のイベントに来る人とは共通の話題があるわけですし
またアルコールが入っていることが多く、それもプラスに働きます。
イベント終了後に、感想など語り合うと良いかもしれません。
くれぐれも、年上だからといって偉そうにしないでください。
その場では、年齢など一切関係ありません。貴方の会社でのポジションもどうでもいいです。
貴方の態度が大きければ大きいほど、貴方の側から人が減っていきます。

草野球などのスポーツ系も良いと思います。
メンバーが特定の企業や地域に偏ってると、そこの上下関係に引きずられてしまいますので
そういうチームでないほうが良いでしょうね。
ここでも、謙虚さを忘れずに。

つまり、自分の仕事から大きく離れ、会社での役職が関係ない集団に入れ、って話です。
「会社以外で居場所を作れ」って話に似てますね。

20代からどこでどう学ぶか

これはそんなに難しく考えなくても良いのではないでしょうか。
40代の我々が学ぼうと思えば、彼らとの会話全てが「学び」です。
わざわざ時間を取って1対1で話さなくても、飲み会での会話でも十分です。
こちらの姿勢次第です。

そのときに気をつけなければならないのが以下の3点。

・相手が20代であることは一旦忘れる
・相手の話を遮らずに最後まで聞く
・相手の話をその場で否定しない

「学ぶ」側として当然の行動です。特に年齢のことは一旦頭から消し去ってください。
目の前の人から学ぶのに、年齢なんて関係ありませんよね。

もちろん「全ての20代から学べる」わけではないことは言うまでもありません。

30代からは学べないのか?

これまで、20代の話しかしてきませんでしたが、当然30代からだって学べます。
30代になると、会社を経営しているという人も出てきます。
会社を経営し続けている人から学ぶことは山ほどありますよ。
ただ、30代は20代に比べ「学べることが一切無い」人の割合が増えてきますので要注意です。

年上の50代・60代からの学び

自らの学びをやめない50代・60代の人からは大いに学ぶべきだと思います。
50代・60代で学問や趣味について学び続けている人は
その生き様自体からも大きな学びを得ることができます。

逆に、自らの学びをやめてしまった50代・60代は今後成長することは無いでしょうし、
そんな人から学ぶことは一切ありません。

後者の人に限って説教したがるように見えるのは私だけでしょうか。
自分の見てきたもの、してきたこと“だけ”を基準に
安居酒屋で長々と話を聞かされるのは勘弁してほしいところです。

これから成長していく20代・30代からの学びと、
今後の成長が無いであろう50代・60代からの学びの
どちらが自分の将来を明るいものにしてくれるか、答えは明らかですよね。

おわりに

今日の話は「会社以外に居場所を作る」という話に近いのかなと思います。
どうせ居場所を作るなら、同年代だけではなく若い人もいるほうが圧倒的に面白いです。
少なくとも私は、30代の頃より40代の今のほうが充実しています。
来年2016年は、また「20代の人から学べる新たな学び場」を探しにいきたいと思います。

ホームページ 企画・立案/制作/運営相談 エイビス

東京・福岡・北九州の中小企業様・個人事業主様向けにホームページ運営相談と制作・リニューアルを行っています。

【ご提供サービス】

その他、仕事に関するお問い合わせはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでナリシゲをフォローしよう!