そろそろ北九州市はあの奇妙な成人式の中止を真剣に検討すべき

シェアする

今年も大きく話題になった我が故郷・北九州市の成人式。バカですね。

相変わらずの品のなさに、北九州市出身の私は辟易しています。

花魁の格好をしている女性の皆様におかれましては、今すぐ隣の町へ転居していただければと。(「花魁」の意味を教えても覚えられないでしょうね)

こういうアホみたいな格好をしているだけで、誰にも迷惑をかけているわけではないという意見も理解できますが、このクソみたいなイベントは北九州市のイメージをさらに下げるものでしかなく、迷惑極まりないです。

昨年も書きましたが、北九州市はそろそろこの奇妙な「成人式」の中止を検討すべきであると考えます。百害あって一利なしです。

来年から北九州市は成人式を中止すべきです
来年から北九州市は成人式を中止すべきです。 (写真はツイッターの画像欄のスクリーンショット) 「北九州」と聞いて何を思い...
スポンサーリンク

北九州市の現状

最近「福岡」の人気が高いようですが、この「福岡」は「福岡県」ではなく「福岡市」(せいぜい糸島あたりまで)を指しており、そこに北九州市は含まれていません。

政令指定都市の中で高齢化率トップ(25%超)21大都市の中で人口転出の人数がトップ、そして最近の話では、ターミナル駅近くに立派なスタジアムを作ったところ地元のJリーグのチームがJ3に降格するなど、ネガティブな要素しか見当たりません。

それに加えて年1回のこのバカイベントで全国的に恥をかかされるわけです。勉強ができる子やちょっと気の利いた子は市外に出たくもなるでしょう。

21大都市の中で大学進学率が最低(50%)というデータもあります。高校進学率もやや低め(97%)というデータと合わせて考えると、成人式でアホみたいな格好をしている連中の属性が分かるというものです。

また、「北九州市「若者意識調査」アンケート (2014年実施)」によりますと、北九州市に愛着・親しみを感じている人が8割近くいるとのこと。地元に住んでる連中が対象のアンケートですからこんなものですね。

つまり、北九州市は「出て行った人からみると魅力に乏しく」「住んでいる人の満足度が高い」街ということになります。体感的にもこれで間違いないでしょう。

北九州市で暮らしやすいのはどんな人?

やや乱暴に表現すると、北九州市は「大学に行く学力がなく、地元で働いている人が快適に暮らせる街」ということになります。「大卒/大学生」の層が少ないので、「大卒/大学生」でなくても困りませんし、コンプレックスを感じる必要もありません。

北九州市の多数を占めるのは「高卒で普通に働いている人」と「不良」ということになります。多数派ですから、当然暮らしやすいということになります。

逆に、“少数派”の「大卒/大学生」にとっては過ごしにくい土地でしょう。私も帰省の度にそう感じます。

18歳までの間、不良の皆さんに影響されることなく真面目に勉強とスポーツに取り組んだ結果、地元で暮らしにくくなってしまったのです。

数年前、小倉で中学の同級生と飲む機会がありましたが、全く話がかみ合いませんでした。まさに↓のツイートにあるような人ばかり。この土地が自分の住む場所でないことを強く感じました。

北九州市は真剣に成人式の中止を検討すべき

高齢者率が高く、人口流出が止まらない北九州市が「人口100万人」を取り戻すことはほぼ不可能でしょう。移住やUターンする人間が増えることも望み薄です。

だったら、せめて「北九州市出身」であることを胸を張って言えるようになってもらいたい。

北九州市が大きく取り上げられるのが年に1回のこんなバカイベントでは、「北九州市出身」であることを隠したくなってしまいます。

アホみたいな格好をしている連中は全体の2割程度のようですが、テレビではその「2割」しか流れませんので、あれが全てです。

参加者の良識など期待せず、服装チェックをやれといいたい。普段は着ないような服装の連中は全員つまみ出せ。またはどこかに隔離しろ。

晴れて成人となるわけですから、それに相応しい服装で。

おまけ:成人式は●●別に行えばいい

「出身中学別」「スクールカースト別」「偏差値別」「現在の居住地別」などいろいろな分類で実施して、自分の行きたい成人式が選べるといいですよね。現在の属性が異なる連中と話がかみ合わないことに悩む必要もなくなります。

中小企業・個人事業主向けホームページコンサルティング・制作 エイビス

東京・福岡・北九州の中小企業様・個人事業主様向けにホームページのコンサルティングと制作を行っています。

【ご提供サービス】

その他、仕事に関するお問い合わせはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでナリシゲをフォローしよう!