世の男性は料理をすればもっと能力が上がるのに

シェアする

ナリシゲ(@nari_104)です。

男性の皆さん、料理してますか?

料理が得意な人はもちろん、苦手な人も絶対料理をすべきです。

料理をすることで、クリエイティブ能力や段取り力が間違いなく上がります。

仕事のスキルアップにつながる料理をしないなんて、非常に勿体ないです。

スポンサーリンク

私が夕食を作る流れ

我が家は2人暮らしです。

パートナーは外で働いているので、夕食の準備はもっぱら自宅で仕事をしている私の役目です。

私が夕食を作る流れは、以下の通りです。

冷蔵庫の中身を把握

夕食の準備は、まず冷蔵庫の中身を把握することから始まります。

この時点では、まだ何もメニューは決まっていません。毎日ゼロからのスタートです。

・主食となる肉や魚は何があるか、それぞれの賞味期限と合わせて確認

・野菜は何があるか、それぞれの状態を含め確認

合わせて、冷蔵庫の空きスペースも確認しておきます。

スーパーのチラシをチェック

次にスーパーのチラシを見ます。主に以下2点をチェック。

・冷蔵庫の中に足りない肉や魚でお得な商品があるか

・お買い得な野菜は何か

冷蔵庫の中身と照らし合わせ、メニューの様々なパターンを考えます。そして買うものをざっくりと決めます。

使う食材を大まかに決める

この時点で使う食材を大まかに決めます。このときに、「マイルール」を守りながら決めます。(【】内がマイルール)

・メインは肉にするか魚にするか
【賞味期限が切れそうなものを優先的に使用】
【同じものを2日連続出さない。豚肉→豚肉はNG。豚肉→鶏肉はOK】

・副菜に何を使うか
【メインの肉or魚に合わせる】
【野菜をたっぷり使う。サラダは必ず用意する】

・味噌汁の具を決める(我が家は毎晩味噌汁を飲みます)
【具は最低2種類】

スーパーマーケットへ買い物に

使う食材を大まかに決めたら買い物に行きます。事前にチラシでチェックした商品も、その状態によっては購入を取りやめます。(肉や魚の色が悪かったりした場合など)事前に大まかに決めていたものから大きく変わることも。

代金はだいたい1,500円~2,000円程度。予算に制約を設けることで、慎重に商品を選ぶようになります。いざレジに行ったら予算オーバーしてた、とならないよう暗算をしながら買い物かごに商品を入れていきます。

料理スタート

だいたい午後6時から夕食の準備を始めます。

ここで使う食材を最終決定。使う食材の組み合わせを考え、メニューを決めます。

例えば、豚肉とキャベツを使う場合はホイコーロー、鶏肉と人参を使う場合は煮物、など。

メニューが決まったら料理開始。制限時間は60分。60分で全て作り終わるよう段取りを組みます。

ここでの段取りが非常に重要です。制限時間内に終わらせるためにはどの順番で作れば良いか、どの野菜から切ったら良いかなど。ここを間違ってしまうと、時間内に終わらないどころか出来上がりにも大きく影響します。

食事後の洗い物を楽にするために、料理と並行して調理器具を洗う必要もあります。

盛り付けも重要です。料理に合った皿をセレクトし、美しい見た目にすることで、より料理が美味しく感じます。

まとめ

・冷蔵庫の中身や食材の賞味期限といった「制約」のある状況下で、無駄が出ないようなメニューにする必要がある

・冷蔵庫の空きスペース(これも「制約」ですね)に収まるように買い物をする必要がある

・手元の食材とチラシに掲載の商品を組み合わせて様々な料理のパターンを考える

・「マイルール」という制約下で使う食材を決める

・予算の制約下で買い物をする

・美しい盛り付けにする

毎日の様々な制約の下、決まった時間に一定のクオリティの成果物を出すことで、クリエイティブ能力が、制限時間内で決まった品数の料理を作ることで、段取り力が鍛えられます。

私の本業であるWeb制作においても、予算や人員、素材が少ない、クライアントからの(無茶な)要求、短いスケジュールなど、さまざまな制約の下で成果物を世に出さなければならないケースがほとんどです。

仕事をすることでもスキルは当然上がりますが、一見仕事と無関係な「料理」という作業でも、仕事に必要なスキルが鍛えられます。

もちろん、料理が上手くなることで普段の生活にも変化が現れます。

料理が上手くなればパートナーに重宝されるようになりますし、パートナーがいない場合でも「料理が上手い」ということは決してマイナスにはなりません。いいことづくめです。

世の男性の皆さん、もっと料理をしましょうよ。

ホームページ 企画・立案/制作/運営相談 エイビス

東京・福岡・北九州の中小企業様・個人事業主様向けにホームページ運営相談と制作・リニューアルを行っています。

【ご提供サービス】

その他、仕事に関するお問い合わせはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでナリシゲをフォローしよう!