安い仕事は相手が本気でやらずに後回しにするので受けないのがベスト

シェアする

161014_abisblog

こちらのツイートを見て「安い仕事」について考えてみました。

スポンサーリンク

フリーランスのウェブ制作者にとっての安い仕事

私のようにフリーランスでWeb制作をやっている人間にとっての安い仕事とは、

  • 数万円のホームページ
  • 数百円のバナー

といったものになるのでしょう。安いですね。お友達価格です。クラウドソーシングでも見ない価格かも。

安い仕事への対応を考えてみた

仮に、私が「5万円でホームページを作ってくれませんか?」と頼まれた場合は、何故5万円しか払えないのか聞いてみると思います。

答:フリーランスだから5万円くらいでいいだろうと思った。
→こう言われると断りたくなってしまいますね。フリーランスなので、大きな制作会社に比べると確かに安く済みますが、「フリーだから“これくらい”でいいだろう」などと思い、それを口に出すような人とは考え方が合わないですね。

答:他所で5万円くらいで作ってたから
→じゃあそこに頼んでください、と。

答:予算が5万円しかない
→これなら相談に乗ってみようと思います。面白そうな内容なら話に乗るでしょう。但し、作るホームページは値段相応、より少し上のもの(50%増しくらい)となります。5万円もらって5万円分の仕事をするほどマヌケではないです。

結局、安い仕事を受ける基準って「自分が気持ちよくその仕事ができるか」に尽きると思うんですよね。仮に相場より安くても、面白そうな仕事なら(いろいろ満たされるので)受けたくなります。こういう基準で仕事を受けるかどうかを決められるのがフリーランスのメリットですね。

安い仕事は相手が本気でやらない

しかし、「気持ちよく仕事ができない」ような安い仕事は受けるべきではないと考えます。

その理由は「安い仕事は発注側が本気でやらずに後回しにする」からです。

以前、とある会社さんからホームページ制作を依頼されました。元々取引のある会社で、社長さんには色々とお世話になっていたということもあり、相場よりかなり安い金額で受けたんです。

打ち合わせも終わりホームページの制作が始まると、相手の窓口は別の社員の方に変わりました。
最初はやり取りもスムーズだったのですが、だんだんレスポンスが悪くなり、メールの返信が1週間来ないことなどもザラでした。
もちろん、相手の方は本来の仕事の合間にホームページ制作に関する仕事をやっているわけですから、忙しくなっているのは分かります。
とはいえレスポンスに1週間以上かけられてしまうと(格安な案件だけに)なかなか厳しいものがあります。

そしてこの案件、最後には相手の担当者からの連絡が途絶えました。

社長さんに聞いても「担当者に任せているから」の一点張りで埒があかずに結局頓挫。(作り始めたものを「途中でやめる」ことまで任せているのには驚きましたが)

作りかけのホームページは一銭にもならないまま私のパソコンの中に眠ってます。

もしこれが数百万かかってる新規事業だったら、本気度も違うでしょうからレスポンスのスピードも早いと思うんですよね。ですが、10万円にも満たないホームページの制作ということで後回しにしちゃったんでしょう。決裁権を持たない人だから尚更ですね。これが経営者だったらもう少しお金を大切にすると思うのですが。

ただ、このケースは私にも問題があったんですよね。変に相手を気遣わずに、普通かまたは相場よりやや安い価格で見積もれば良かったんです。それで受注できなければ仕方ない、ということで。
相場よりはるかに安い金額をこちらが先に提示したのが間違いでした。

まとめ

あくまで私の場合ですが、安い仕事でも面白そうなもの、得ることが多いものなどなら前向きに検討します。

ただ、安い仕事は相手が「本気でやらずに後回しにする」ことがあり要注意です。特に決裁権の無い相手とのやり取りが主なら危険かもしれません。

仕事は適切な金額で行われるべきですね。お互いのためにも。

ホームページ改善・再生 エイビス
中小企業・個人事業主向けホームページコンサルティング・制作 エイビス

東京・福岡・北九州の中小企業様・個人事業主様向けにホームページのコンサルティングと制作を行っています。

【ご提供サービス】

その他、仕事に関するお問い合わせはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでナリシゲをフォローしよう!