ヘルプマークを知っていますか?その入手方法は?

シェアする

皆さんはこのマークを見たことがありますか? helpmark

東京都福祉保健局より引用)

ヘルプマークとは、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、東京都福祉保健局が作成したマークです。 東京都福祉保健局の方の話では

マタニティーマークが妊婦であることを周囲に知らせるように、ヘルプマークは、援助を必要としていることを周囲に知らせることを目的として作成しました

synodosより引用)

とのことです。

このようなPR動画も作られています。

ただこのヘルプマーク、認知度という点では今一歩のようです。

スポンサーリンク

ヘルプマークの認知度について

少し古いデータですが、こちらの記事によりますと、マタニティマークの認知度は男女別では男性の有効認知度が31.2%、女性が57.6%、全体では46%とのことです。男性の7割が、マタニティーマークを知らないということになります。 電車で毎日のように見かけるマタニティーマークでさえこの認知度です。 ヘルプマークの認知度なんて、明らかにこれ以下でしょう。30%を切るのではないでしょうか。 (統計をご存知の方がいましたら教えてください)

ヘルプマークは、電車で席を確保することのみを目的としたものではありません

繰り返しになりますが、ヘルプマークを持っているのは、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、障害が目に見えにくいために人知れず困っている人です。外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなることが目的です。 ヘルプマークは、ただ電車の中で席を譲ってもらうために着けているものではありません。 緊急時(外で倒れたとき、事故に巻き込まれたときなど)に適切な対処ができるようにするためにもヘルプマークは役立ちます。

このあたりは「マタニティマーク」とほぼ同じですね。

ただ、ヘルプマークを持っている人が電車で「優先席」に座っていると心無い言葉をかけられた、という話も聞きますし、出来れば席を譲ってあげてほしいものです。   東京都福祉保健局の方もこのように言ってます。

なるべくは、譲ってもらいたいのですが、まずはヘルプマークをつけて優先席に座っている方がいたら、「なにか事情があって座っているんだな」と周りの人に知ってもらう。比較的、若くて健康そうな人であっても、この人はなにか事情があって座っているんだと暖かく見守ってもらえればなと思っています。

synodosより引用)

ヘルプマークにひとこと言いたい!

私のパートナーも、この「ヘルプマーク」を着けています。 help

synodosより引用)

赤地に白の十字とハート、可愛らしいデザインですよね。 現に、他人から「このマーク流行ってるの!?かわいい!!」といわれたこともあるようです。   ヘルプマークを着けやすくするために、こういったデザインになっているのだと思うのですが、ちょっと可愛すぎると思うのは私だけでしょうか?

ヘルプマークのデザインは、デザイナーの方にお願いしました。作成していた当時は、石原前都知事だったんですが、「役人がやるとろくな物をつくらない」という気持ちもあったかもしれませんね(笑)。前知事はヘルプマークを応援されていて、去年の都議会定例会の所信表明の時に、ヘルプマークをつくっていることを発言しました。

synodosより引用)

「外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせる」ものですから、周囲の人に伝わりやすいデザインのほうが良いように思います。   ヘルプマークを持つ理由もさまざまなありますから、マタニティマークのようにイラストを使用するのは難しいと思いますが、文字なども使い、もう少し無機質なデザインでも良かったのではないでしょうか。   もちろん、デザインが悪いことで「ヘルプマークは格好悪いから着けたくない」となると本末転倒ですから、なかなか難しいところではあるのですが。

ヘルプマークをもらうのに条件はあるの?

ヘルプマークの企業・事業者向けページにこのように書かれています。 http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/helpmarkforcompany/faq.html

Q.マークはどのような人に配っているのですか? ヘルプマークの対象者は、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としていて、配布を希望する方々です。 しかしながら、身体機能等に特に基準を設けているわけではありません。ヘルプマークの配布に当たっては、必要な都民の方々が円滑にマークを活用することができることに配慮し、特に書類等の提示は必要なく、お申し出に対しお渡しすることとしています。 マタニティマークと同様、御家族等が代わりにいらっしゃる場合も、お渡ししています。

つまり、障害者手帳などが必要なわけでもなく、(少し乱暴な言い方ですが)誰でももらうことが可能です。   東京都福祉保健局の方も、このように言ってます。

ヘルプマークは申し出のあった方全員に差し上げています。そのときに、名前を書くわけでもありませんし、障害者手帳を見せる必要もありません。ですが、手帳を見せてくれる人もいるみたいですね。「だれにでも渡すのはおかしい」という意見もうかがったことがあります。ですが、もらいにくくなってしまうのも、主旨に反しています。「どういう困りごとなのか」を言いたくない方もいると思います。

synodosより引用)

「もらいにくくなってしまうと主旨に反する」、その通りだと思います。 障害が目に見えにくいために人知れず困っている方は全員この「ヘルプマーク」をもらうと良いと思います。

ヘルプマークはどこで配ってるの?

Q.マークはどこで配っているのですか? 下記の場所で配布しています。 都営地下鉄各駅(押上駅、目黒駅、白金台駅、白金高輪駅、新宿線新宿駅を除く)駅務室、都営バス各営業所、荒川電車営業所、日暮里・舎人ライナー(日暮里駅、西日暮里駅)駅務室、ゆりかもめ(新橋駅、豊洲駅)駅務室、多摩モノレール(多摩センター駅、中央大学・明星大学駅、高幡不動駅、立川南駅、立川北駅、玉川上水駅、上北台駅)駅務室(一部時間帯を除く)、東京都心身障害者福祉センター(多摩支所を含む)

synodosより引用)

2016年4月より京都府でヘルプマークの配布開始

本ページでもご紹介しました通り、2016年4月よりこの「ヘルプマーク」が京都府でも配布がされるようになりました。

京都府ウェブサイトに記載されている配布場所は以下の通りです。

〈京都市内〉 ・京都府庁障害者支援課(1号館4階)(京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町) ・京都府家庭支援総合センター(京都市東山区清水4丁目185-1) ・京都府精神保健福祉総合センター(京都市伏見区竹田流池町120) ・京都府難病相談・支援センター(京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375) ・京都ジョブパーク(京都市南区東九条下殿田町70) 〈京都府内(上記を除く)〉 ・京都府各広域振興局(保健所など) ・児童相談所(宇治・田辺・福知山) ・北京都ジョブパーク(福知山市駅前町400) ・各市町村

2016年7月より和歌山県でヘルプマークの配布開始

2016年7月より、和歌山県でもこのヘルプマークの配布が開始されました。

和歌山県庁障害福祉課、各振興局健康福祉部保健福祉課、和歌山市障害者支援課及び保健対策課にて交付しています。

※和歌山県では「交付」という文言を使用していますが、このヘルプマークの趣旨を踏まえますと「配布」が適切であると考えます。

2016年7月、徳島県でヘルプマークを配布

徳島県でも、このヘルプマークを2,000個作製し、7月13日より徳島県庁などで配布を開始したとのことです。詳しくは以下の記事でご確認をお願いいたします。

2016年10月、青森県でヘルプマークの配布開始

青森県でも2016年10月3日よりヘルプマークの配布が開始されました。2万個を各市町村を通じて無料配布するとのことで、希望者は各自治体の障害福祉担当の窓口で簡単な申請が必要なようです。

詳細は分からないのですが、この「簡単な申請」というものが気になります。もらいにくくなってしまうとこの「ヘルプマーク」の主旨に反しますので。

2016年10月、奈良県でヘルプマークの配布開始

2017年度、岐阜県でヘルプマーク配布へ

2017年度より、岐阜県でもヘルプマークの配布が行われるそうです。県庁や市町村役場での無料配布を予定しているとのこと。詳細が分かりましたらこのページでもお知らせします。

2017年度、神奈川県でヘルプマーク配布開始

2017年度、大阪府でヘルプマーク導入へ

2017年度、栃木県でヘルプマーク導入へ

この記事を読んでくださった方にお願い

最後までお読みいただきありがとうございます。私はこの「ヘルプマーク」がもっと広まってほしいと思っています。賛同してくださる方は、ぜひこの記事をご共有いただきたく、お願いいたします。

▼関連リンク

ホームページ 企画・立案/制作/運営相談 エイビス

東京・福岡・北九州の中小企業様・個人事業主様向けにホームページ運営相談と制作・リニューアルを行っています。

【ご提供サービス】

その他、仕事に関するお問い合わせはこちらからお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでナリシゲをフォローしよう!