Googleアナリティクスの基本指標「ページ/セッション」を徹底解説

Googleアナリティクスの活用はホームページ(Webサイト)改善の第一歩です。ホームページ(Webサイト)の課題を効率的に発見し、改善するためのヒントを得るためにはGoogleアナリティクスの基本を学んでいきましょう。

今回は、Googleアナリティクスで使われる主な指標のうち「ページ/セッション」について説明いたします。

Googleアナリティクスの「指標」と「ディメンション」

Googleアナリティクスでアクセス解析をする際には、まず「指標」と「ディメンション」について理解しておく必要があります。

指標

Googleアナリティクスにおける指標とは「ページビュー」や「訪問数」、「直帰率」など、ディメンションの各値の状況を合計や割合で表す数値のことです。今回説明する「新規とリピーター」も指標のうちのひとつです。

ディメンション

Googleアナリティクスで定義される項目で「ページ」「ランディングページ」「参照元」「キーワード」「ブラウザ」などがあります。「指標」と組み合わせて使用。

Googleアナリティクスの基本指標「ページ/セッション」

Googleアナリティクスで主要な指標である「ページ/セッション」とは、1セッション中に閲覧されたページビューの平均のことです。同じページを複数回見ても集計されます。

サイトの回遊性を表す指標で、数値が大きいほど望ましいといわれますが、サイトのメニュー構造等が分かりにくい場合もユーザーが迷子となり数値が大きくなりますので、数値が大きい=良いサイト(ページ)であると考えるのは早計です。

「ページ/セッション」の確認方法

【レポート】→【行動】→【サイトコンテンツ】→【ランディングページ】

セグメント機能を使えば、「新規ユーザー」「リピーター」ごとの「ページ/セッション」の数値を確認することもできます。

「+セグメントを追加」をクリックします。

「新規ユーザー」と「リピーター」を選択し、左下の「適用」をクリック。(このとき「すべてのユーザー」をクリックし選択を解除してください)

ページごとに「ページ/セッション」の数値が可能となります。

「ページ/セッション」の改善

「ページ/セッション」の数値を上げる方法は主に以下の2点です。

①内部リンクを増やす

②関連ページへのリンク

ともに、ページ内の遷移がしやすくなる、という効果があります。ページ内の遷移がしやすければ「ページ/セッション」の数値は増えていきます。

まとめ

サイトの回遊性を上げることで「ページ/セッション」の数値が改善され、提供しているコンテンツへの理解が深まります。

「ページ/セッション」はGoogleアナリティクスの中でも重要な指標のひとつです。必ずチェックしましょう。


ホームページ 企画・立案/制作/運営相談 エイビス
© 2017 a-bis, All Rights Reserved.