Googleアナリティクスの基本指標「ページビュー」を徹底解説

Googleアナリティクスを活用することで、ホームページ(Webサイト)の課題を効率的に発見し、改善するためのヒントを得ることができます。無料で使えるGoogleアナリティクスを、ホームページ(Webサイト)の改善に使わない手はありません。

今回は、Googleアナリティクスで使われる主な指標のうち「ページビュー数」について説明いたします。

Googleアナリティクスの「指標」と「ディメンション」

Googleアナリティクスでアクセス解析をする際には、まず「指標」と「ディメンション」について理解しておく必要があります。

指標

Googleアナリティクスにおける指標とは「セッション」や「訪問数」、「直帰率」など、ディメンションの各値の状況を合計や割合で表す数値のことです。今回説明する「ページビュー」も指標のうちのひとつです。

ディメンション

Googleアナリティクスで定義される項目で「ページ」「ランディングページ」「参照元」「キーワード」「ブラウザ」などがあります。「指標」と組み合わせて使用。

Googleアナリティクスの基本指標「ページビュー数」

ページが閲覧された合計回数のことです。ブラウザの「戻る」ボタンをクリックして再度同じページを表示した場合、ページを更新(リロード)した場合も1ページビューとカウントされます。

「ページビュー数」の確認方法

【レポート】→【行動】→【概要】

サイト全体のページビュー数を確認することができます。

ページごとのページビュー数を確認するには【レポート】→【行動】→【サイトコンテンツ】→【すべてのページ】

「ページビュー数」と「ページ別訪問数」の違い

上の2枚の画像では、「ページビュー数」の隣に「ページ別訪問数」というものが表示されています。似たような言葉ですが、意味は異なりますのでご説明いたします。

ページビュー数:ユーザーがWebサイトを閲覧したページ数。ブラウザの戻るボタンをクリックしてその後再度同じページを表示した場合やリロード(更新)した場合も1ページビューとしてカウントされます。

ページ別訪問数:ページごとのセッション数。同一ユーザーが同じページを行ったり来たりしても1セッションとなります。セッション数でカウントしますので、日付が変わると新たにカウントされます。

「ページビュー」と「ユーザー」、「セッション」との違い

「ページビュー」と「ユーザー(ユニークユーザー)」、「セッション」も混同しやすいのでご注意ください。

ページビュー:ユーザーがWebサイトを閲覧したページ数

ユーザー(ユニークユーザー):選択した期間内にWebサイトを訪問したユーザーの数

セッション:ユーザーがWebサイトを訪問した数

まとめ

「ホームページ(Webサイト)を見られた回数」として、この「ページビュー数」という指標を使う機会は多いです。機会が多いからこそ、正しく理解しておきたいものです。


ホームページ 企画・立案/制作/運営相談 エイビス
© 2017 a-bis, All Rights Reserved.