Googleアナリティクスの重要な指標である「セッション」を徹底解説

Googleアナリティクスを活用することで、ホームページ(Webサイト)の課題を効率的に発見し、改善するためのヒントを得ることができます。無料で使えるGoogleアナリティクスを効果的に使うことが、ホームページ(Webサイト)改善の第一歩です。

今回は、Googleアナリティクスで使われる主な指標のうち「セッション」について説明いたします。



Googleアナリティクスの「指標」と「ディメンション」

Googleアナリティクスでアクセス解析をする際には、まず「指標」と「ディメンション」について理解しておく必要があります。

指標

Googleアナリティクスにおける指標とは「ページビュー」や「訪問数」、「直帰率」など、ディメンションの各値の状況を合計や割合で表す数値のことです。今回説明する「セッション」も指標のうちのひとつで、特に重要な指標といわれています。

ディメンション

Googleアナリティクスで定義される項目で「ページ」「ランディングページ」「参照元」「キーワード」「ブラウザ」などがあります。「指標」と組み合わせて使用。

Googleアナリティクスの基本指標「セッション」

ユーザーがサイトに訪問してから離脱するまでの一連の行動の回数で、「訪問数」とも呼ばれます。

ひとりのユーザーが同じブラウザでサイトを2回訪問した場合、セッション数は2となります。

「セッション」は数ある指標の中でも特に重要な指標といわれています。直帰率、ページ/セッション、コンバージョン率など、割り算でも求める指標のほとんどはこのセッション数が母数となっています。

セッションの開始と終了のタイミング

セッション開始のタイミング

訪問ユーザーがWebサイトのページをブラウザで表示

セッション終了のタイミング

1.サイト内で何も行動せずに30分が経過

ユーザー行動(ページの閲覧、イベント)が記録されないまま30分経過するとセッションが切れます。仮に一度ブラウザを閉じたとしても、30分以内の同じ参照元から同じページにアクセスした場合は同一のセッションとして計測されます。

ちなみに、このセッションが切れるまでの時間(30分)は必要に応じて変更することが可能です。

【管理】→【トラッキング情報】→【セッション設定】と進みます。1分~4時間の間で設定変更が可能です。(長時間の動画コンテンツがあるサイトなどは、セッション時間を長くすることで正しくセッション数をカウントすることが可能となります)

2.同一セッションの間で日付が変わったとき

一連のユーザー行動の間で日付が変わったとき(午前0時をまたいだとき)、午前0時で一度セッションが切れ、以降の行動は新たなセッションとしてカウントされます。

3.参照元が変わったとき

30分以内に同じページへアクセスしたとしても、前回とは別の参照元からのアクセスであった場合は新たなセッションとしてカウントされます。

「セッション」の確認方法

サイト全体のセッションを確認

【レポート】→【ユーザー】→【概要】

ページごとのセッションを確認

【レポート】→【行動】→【サイトコンテンツ】→【すべてのページ】

「ページ別訪問数」がベージごとのセッション数です。

「セッション」と「ユーザー」、「ページビュー」との違い

「セッション」と「ユーザー(ユニークユーザー)」、「ページビュー」は混同しやすいのでご注意ください。

セッション:ユーザーがWebサイトを訪問した数

ユーザー(ユニークユーザー):選択した期間内にWebサイトを訪問したユーザーの数

ページビュー:ユーザーがWebサイトを閲覧したページ数

まとめ

「セッション」はGoogleアナリティクスの数ある指標の中でも特に重要な指標といわれています。正しく理解し、毎日チェックすることでホームページ(Webサイト)の課題を効率的に発見していきましょう。




シェアする

フォローする

ホームページ 企画・立案/制作/運営相談 エイビス
© 2017 a-bis, All Rights Reserved.