Googleアナリティクスの基本指標「新規とリピーター」を徹底解説

Googleアナリティクスの活用はホームページ(Webサイト)改善の第一歩です。ホームページ(Webサイト)の課題を効率的に発見し、改善するためのヒントを得るためにはGoogleアナリティクスの基本を学んでいきましょう。

今回は、Googleアナリティクスで使われる主な指標のうち「新規とリピーター」について説明いたします。

Googleアナリティクスの「指標」と「ディメンション」

Googleアナリティクスでアクセス解析をする際には、まず「指標」と「ディメンション」について理解しておく必要があります。

指標

Googleアナリティクスにおける指標とは「ページビュー」や「訪問数」、「直帰率」など、ディメンションの各値の状況を合計や割合で表す数値のことです。今回説明する「新規とリピーター」も指標のうちのひとつです。

ディメンション

Googleアナリティクスで定義される項目で「ページ」「ランディングページ」「参照元」「キーワード」「ブラウザ」などがあります。「指標」と組み合わせて使用。

Googleアナリティクスの基本指標「新規とリピーター」

Googleアナリティクスで主要な指標のひとつに「新規とリピーター」があります。「新規」は初めてサイトを訪れた訪問ユーザーの数、「リピーター」は2回目以降の訪問数です。「新規」と「リピーター」の比率を確認することでホームページ(Webサイト)の改善につなげます。

「新規とリピーター」の確認方法

【レポート】→【ユーザー】→【行動】→【新規とリピーター】

新規ユーザーはNew Visitor、リピーターはReturning Visitorと表記されています。

New Visitor(新規ユーザー):過去2年以内にサイトを訪問したことのないユーザ―の最初の訪問。次回以降の訪問からは「リピーター」としてカウントされる。(人数ではなくセッション数をカウント)

Returning Visitor(リピーター):過去2年以内にサイトを訪問したことのあるユーザ―の訪問。訪問のたびにカウントされる。(人数ではなくセッション数をカウント)

日付を指定することも可能です。

「新規ユーザー」と「リピーター」を指標ごとに比較

また、同じ画面で「セッション」「直帰率」「ページ/セッション」「平均セッション時間」の各指標ごとに「新規ユーザー」「リピーター」を比較することができます。

下記の図では以下の通りとなっています。

セッション:新規ユーザー4,835(58.27%)/リピーター3,462(41.73%)

直帰率:新規ユーザー52.80%/リピーター40.79%

ページ/セッション:新規ユーザー3.19/リピーター3.97

平均セッション時間:新規ユーザー2分19秒/リピーター3分42秒

セッション

ユーザーがサイトに訪問してから離脱するまでの一連の行動の回数で、「訪問数」とも呼ばれます。

直帰率

1セッション(訪問)で1ページしか閲覧しなかった訪問を直帰といい、その数をセッション数(訪問数)で割った数値をパーセントで表したものを直帰率といいます。

ページ/セッション

1セッション中に閲覧されたページビューの平均のことです。同じページを複数回見ても集計されます。

平均セッション時間

1セッションの平均時間を表します。全セッションのセッション時間を足し、それをセッション数で割ったものです。

まとめ

ホームページ(Webサイト)のコンテンツや集客方法により、「新規ユーザー」と「リピーター」の割合は異なりますが、どちらかだけが伸びれば良い、というものでもありません。「新規ユーザー」と「リピーター」の割合には常に気を配っておきましょう。


ホームページ 企画・立案/制作/運営相談 エイビス
© 2017 a-bis, All Rights Reserved.