Googleアナリティクスで「ユーザー数(ユニークユーザー数)」を確認する方法

Googleアナリティクスを活用することで、ホームページ(Webサイト)の課題を効率的に発見し、改善するためのヒントを得ることができます。無料で使えるGoogleアナリティクスは、ホームページ(Webサイト)の改善に欠かせないツールです。

今回は、Googleアナリティクスで使われる主な指標のうち「ユーザー(ユーザー数)」について説明いたします。

Googleアナリティクスの「指標」と「ディメンション」

Googleアナリティクスでアクセス解析をする際には、まず「指標」と「ディメンション」について理解しておく必要があります。

指標

Googleアナリティクスにおける指標とは「ページビュー」や「訪問数」、「直帰率」など、ディメンションの各値の状況を合計や割合で表す数値のことです。今回説明する「ユーザー」も指標のうちのひとつです。

ディメンション

Googleアナリティクスで定義される項目で「ページ」「ランディングページ」「参照元」「キーワード」「ブラウザ」などがあります。「指標」と組み合わせて使用。

Googleアナリティクスの基本指標「ユーザー(ユーザー数)」

Googleアナリティクスで主要な指標のひとつである「ユーザー」とは、選択した期間内にサイトを訪問したユーザーの数で、ユーザー数、ユニークユーザー数(UU数)とも呼ばれます。期間内に同じユーザーが複数回訪問した場合でも、「ユーザー」は1となります。

また、同じユーザーが違う端末(PCとスマートフォン)、違うブラウザ(ChromeとSafariなど)を使用してサイトを訪問した場合は、別のユーザーとしてカウントされます。

このように、「ユーザー(ユーザー数)」は訪問者の人数が正しくカウントされているわけではないことにご注意ください。

「ユーザー(ユーザー数)」の確認方法

【レポート】→【ユーザー】→【概要】

日付を指定することも可能です。

「ユーザー」と「セッション」、「ページビュー」との違い

「ユーザー(ユーザー数/ユニークユーザー)」と「セッション」、「ページビュー」は混同しやすいのでご注意ください。

ユーザー(ユーザー数/ユニークユーザー):選択した期間内にWebサイトを訪問したユーザーの数

セッション:ユーザーがWebサイトを訪問した数

ページビュー:ユーザーがWebサイトを閲覧したページ数

まとめ

「ホームページ(Webサイト)に何人のお客さんが来たんだろう」と思ったときに見るのが、この「ユーザー(ユーザー数)」という指標です。ユーザー数が少ないうちはこの数値に一喜一憂してしまいがちですが、コンテンツの充実と適切な集客方法でこの「ユーザー」(ユニークユーザー数)は増えていきます。


ホームページ 企画・立案/制作/運営相談 エイビス
© 2017 a-bis, All Rights Reserved.